スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」製作決定 シリーズ構成・脚本は「ガンダムUC」福井晴敏

ニュース 2016年4月5日(火)22:00

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」製作決定 シリーズ構成・脚本は「ガンダムUC」福井晴敏

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」ティザービジュアル

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」ティザービジュアル

イメージを拡大

「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の製作が決定した。

製作総指揮を前作「宇宙戦艦ヤマト2199」の企画プロデューサー・西崎彰司氏、監督を「蒼穹のファフナー EXODUS」の羽原信義、シリーズ構成・脚本を「機動戦士ガンダムUC」も手がけた小説家の福井晴敏氏が務める。「宇宙戦艦ヤマト2199」は全7章での劇場上映を経てテレビシリーズとして放送され、総集編や劇場版も公開されたが、今作が展開される媒体や時期などについては現時点で未発表。詳細は今後、随時発表される。

メインスタッフからのメッセージも到着し、シリーズ構成として物語をつむぐ福井氏は「『愛』は決して無力でも、凶器に転じる危険な言葉でもない。自らが語り、自らが壊してしまったメッセージを再び語り得た時、ヤマトの真の復権がなされるものと確信する」と作品のテーマを掲げ、羽原監督は「魂を込める」と意気込む。西崎氏は「私にとってもっとも重要な仕事は、才能を探すこと。才能を見つけなければいけない。今、このことが叶ったような気がする」と新たなスタッフ陣に期待を寄せている。

作品情報

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇 10

時に西暦2202年。あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年――。〈コスモリバース・システム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」ティザービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。