スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 神山健治監督によるアニメ版「精霊の守り人」NHK総合で4月29日から地上波放送決定

ニュース 2016年4月19日(火)20:00

神山健治監督によるアニメ版「精霊の守り人」NHK総合で4月29日から地上波放送決定

「精霊の守り人」キービジュアル

「精霊の守り人」キービジュアル

(C)上橋菜穂子/偕成社/「精霊の守り人」製作委員会

イメージを拡大

神山健治監督が2007年に手がけ、NHK BS2で放送されたテレビアニメ「精霊の守り人」が、NHK総合で地上波放送されることが決まった。第1話が4月29日午後11時20分から、第2話以降は毎週金曜日深夜1時25分から、全26話を放送する。

同作は、上橋菜穂子氏による大河ファンタジー小説をアニメ化し、水の精霊に卵を産みつけられ、「精霊の守り人」としての運命を背負わされた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムの命を救うため奮闘する女用心棒バルサの戦いを描いた。NHKでは、放送90年大河ファンタジーとして綾瀬はるか主演で実写ドラマ版「精霊の守り人」も制作され、シーズン1がこの3~4月に放送された。

アニメ版の地上波放送は、ドラマ版シーズン1の放送終了を記念して行われる。「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」や「東のエデン」でおなじみの神山監督とプロダクションI.Gのタッグで制作され、キャストはバルサ役の安藤麻吹、チャグム役の安達直人ほか、タンダ役として辻谷耕史、トロガイ役として真山亜子らが出演している。

作品情報

精霊の守り人

精霊の守り人 Check-in3

短槍使いの女用心棒・バルサは、久しぶりに訪れた新ヨゴ皇国の街で、突然暴走した牛車から、川に振り落とされた皇子を助ける。バルサが助けた少年は、新ヨゴ皇国の第二皇子・チャグム。彼は100年に一度卵を...

2007春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。