スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 虚淵玄が原案・脚本・総監修の人形劇、TOKYO MXとBS11で7月から放送決定

ニュース 2016年5月4日(水)12:00

虚淵玄が原案・脚本・総監修の人形劇、TOKYO MXとBS11で7月から放送決定

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」が7月からTV放送開始

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」が7月からTV放送開始

(C)Thunderbolt Fantasy Project

イメージを拡大

「魔法少女まどか☆マギカ」の脚本で知られる虚淵玄(ニトロプラス)と、台湾の人形劇制作会社「霹靂国際多媒体」による合同企画「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」(サンダーボルトファンタジー トウリケンユウキ)の放送情報が発表された。7月から放送を開始し、TOKYO MXでは毎週金曜日午後11時、BS11では毎週金曜日午後11時30分に放送予定。初回放送日時は、後日発表される。

同作は、台湾で国民的な知名度を誇る人形劇「布袋劇(ほていげき)」にほれ込んだ虚淵が、原案・脚本・総監修を務める武侠ファンタジー人形劇。魔界の軍勢と人間界が争った過去の戦において、すさまじい力を発揮した伝説の武器「神誨魔械(しんかいまかい)」の中でも、最強とされる「天刑劍(てんぎょうけん)」を巡る戦いが描かれる。「天刑劍」を蔑天骸(ベツテンガイ)が率いる悪の手から守るため逃亡していた丹翡(タンヒ)は、偶然出会った凜雪鴉(リンセツア)と殤不患(ショウフカン)に助けられる。3人は個性的な仲間たちとともに、蔑天骸の居城を目指す戦いの旅へと身を投じていく。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。