スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「魔装学園H✕H」野水いおりの疾走感溢れるオープニングと小悪魔的なエンディングに注目

インタビュー 2016年8月1日(月)20:00

「魔装学園H✕H」野水いおりの疾走感溢れるオープニングと小悪魔的なエンディングに注目

野水いおり

野水いおり

イメージを拡大

2016年7月から放映中のテレビアニメ「魔装学園H✕H」に識名京役として出演している野水伊織は、アーティスト・野水いおりとして、オープニングとエンディングも歌っている。7月27日に発売されたシングル「miele paradiso/ちッ」に収録されている両曲について話を聞いた。

――オープニングテーマは、楽曲名が「miele paradiso(ミーレパラディーソ)」ですが、これはどのような意味なのですか?

野水:作詞をしてくださったmanzoさんが「蜜の楽園」という、失楽園っぽい意味と語感で考えて頂いたタイトルです。「魔装学園H×H」は、かなり過激な紳士枠と呼ばれるアニメ作品なんです。オープニング曲としては、往年のヒーローもののような「これからバトルが始まるぞ」という盛り上がりが感じられる楽曲です。

――歌詞が際どいのが気になっていました(笑)

野水:私も、これは隠された意味があるんだろうなと思いました(笑)。レコーディングの時には、あえて色気を入れず、女の子が歌うようなイメージを意識して歌いました。ちょっと照れくさくなる歌詞にも注目してもらいたい曲ですね。

――どんな曲に仕上がっているのでしょうか?

野水:疾走感あるオープニングと意味深な歌詞が融合された物語の幕開けのような楽曲になりました。お気に入りは……歌詞の中の「蜜なる楽園」というフレーズですね。その後に「一つになる影と影」というフレーズもあるのですが、魅惑的な部分もありつつ、一緒に手を取って、戦うという意味合いもあるので、気に入っています。

――収録時のエピソードなどはありますか?

野水:楽曲についても、アレンジについてもいろいろと相談をさせて頂き、歌詞についてもいくつか、manzoさんにご相談をさせて頂いたんです。その何重かの意味をかけている歌詞をどのように、紐解くか、考え過ぎてしまったんですが、そこは「ストレートに」という指示を頂けて、ストレートに気持ちだけをのせて、歌わせていただきました。

私は歌詞をどう紐解くか、考えすぎてしまったんですが、そこは「ストレートに歌ってくれればいいから」という指示をいただけて、後半は考えすぎず、ストレートな気持ちだけをのせて歌わせていただきました。

――では、次にエンディングについてお聞きしたいのですが、タイトルがすごいですね(笑)

野水:「ちッ」というタイトルです(笑)。曲の中に舌打ちが突然出てくるんです。その舌打ちがすごく印象的なので、タイトルになりました。歌詞は女の子の気持ちを歌っていて、策士的な部分や、男の子にアプローチをかけているのに「なんで分かってくれないの?鈍いんだから!」といったじれったさを詰め込んでもらいました。

――歌う上で工夫されたことはありますか。

野水:ディレクターさんの中で想定したキャラクターがあって、その指示で「甘えて歌ってみよう」ということになりました。なので可愛く演じてみました。野水の甘々な部分をとことん出したのですが、舌足らずでと言われたんです。そう意味ではあまり普段の私にはないアプローチをしたかなと思っています。少し小悪魔的な雰囲気も目指してみました。

イベント情報・チケット情報

野水いおり「miele paradiso/ちッ」発売記念イベント【秋葉原・1回目】 Check-in0
開催日
2016年8月5日(金)
時間
19:30開始
場所
とらのあな秋葉原店C(東京都)
出演
野水いおり

フォトギャラリー

  • 野水いおり
  • 野水いおり「miele paradiso/ちッ」限定盤ジャケット
  • 野水いおり「miele paradiso/ちッ」通常盤ジャケット

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。