スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「こち亀」発行巻数最多の単一漫画シリーズとしてギネス世界記録に認定

ニュース 2016年9月16日(金)12:00

「こち亀」発行巻数最多の単一漫画シリーズとしてギネス世界記録に認定

(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

イメージを拡大

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の人気漫画で、約40年にわたる連載の終了が発表されたばかりの「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、9月17日発売の第200巻をもって、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ『Most volumes published for a single manga series』200巻」として、ギネス世界記録に認定されることが明らかになった。これを受けて9月14日、日本橋高島屋でスタートした同作の展覧会「連載40周年&コミックス200巻記念 こち亀展 こちら中央区日本橋高島屋内派出所」の開幕式とともに、公式認定証授与式が執り行われた。

秋本治氏による「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、両さんの愛称で親しまれる葛飾区亀有公園前派出所の不良警官・両津勘吉と、個性的な同僚や、風変わりな仲間たちによる波乱万丈な日常を描くコメディ作品。1976年の連載開始以来一度も休載しておらず、少年誌における最長連載のギネス世界記録も保持している。199巻まで発売されている単行本の累計発行部数は1億5000万部以上で、77年の実写映画化を皮切りに、テレビアニメやテレビドラマなど、さまざまなメディアミックス展開が行われた。

なお、9月18日にはフジテレビほかで午前9時から、原作連載40周年を記念した8年ぶりの完全新作スペシャルアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所~THE FINAL 両津勘吉最後の日~」が放送予定。テレビシリーズでおなじみのラサール石井が久々に両津を演じるほか、「NARUTO-ナルト-」の竹内順子、「キン肉マン」の神谷明、「SLAM DUNK」の草尾毅など、歴代ジャンプ作品のアニメ版で主役を演じてきた声優陣が特別ゲストとして出演する。

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。