スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 関俊彦「声優にできることはまだまだある」 81プロデュースの声優たちが落語や朗読、活弁に挑戦

イベント 2016年10月6日(木)11:30

関俊彦「声優にできることはまだまだある」 81プロデュースの声優たちが落語や朗読、活弁に挑戦

左から、ランズベリー・アーサー、蘭乃和佳子、箸本のぞみ、三宅健太、関俊彦、加藤英美里、岡野友佑、本泉莉奈

左から、ランズベリー・アーサー、蘭乃和佳子、箸本のぞみ、三宅健太、関俊彦、加藤英美里、岡野友佑、本泉莉奈

写真:(C)81produce
撮影:斉藤純二

イメージを拡大

声優事務所81プロデュースの35周年を記念したイベント「81produce 35周年企画 産学共同特別事業『POWER OF VOICE ~朗読から落語、無声映画まで~』」が9月25日、神奈川・洗足学園音楽大学の前田ホールで開催され、同社所属の声優・関俊彦や三宅健太らが参加した。

同イベントは、洗足学園音楽大学協力のもと、声優の活躍の場と仕事の可能性をさらに広げ、新たな魅力を発見するという趣旨で開催され、今回は落語、無声映画、朗読(読み聞かせ)をフィーチャーした。落語は、81プロデュース研究生のレッスンにも取り入れられ、入船亭扇蔵による指導が行われているそうで、岡野友佑が「代書屋」、蘭乃和佳子が「桃太郎」で、その腕前を実際に披露。蘭乃は「落語にはさまざまな種類があるので、これを機会に少しでも興味を持っていただけると嬉しいです」と話した。

落語「代書屋」 岡野友佑落語「桃太郎」 蘭乃和佳子

無声映画の題材には、チャーリー・チャップリン、ハロルド・ロイドと並ぶ「世界三大喜劇王」として知られるバスター・キートンの作品から「キートンのゴルフ狂の夢」が選ばれた。かつて隆盛を誇った無声映画では、日本独自の文化として、上映中の映画の内容をリアルタイムに解説する「活弁士」が活躍していたということで、三宅、ランズベリー・アーサー、加藤英美里が活弁に挑戦。三宅は「当時は活弁士の方がこれをひとりでやってたんだよね? 我々は3人でもいっぱいいっぱいだった」と苦労した様子だったが、加藤は「三宅さんも何役も担当して、セリフもほぼアドリブでスゴイ」と絶賛。ランズベリーも「あの切り替えは分身しているみたいだった」と感心しきりだったが、三宅は「この中では俺が一番先輩なのに、この量は不公平じゃない?」と会場の笑いを誘った。

朗読「二十六夜まいり」左から、箸本のぞみ、関俊彦、本泉莉奈

朗読「二十六夜まいり」左から、箸本のぞみ、関俊彦、本泉莉奈

写真:(C)81produce
撮影:斉藤純二

イメージを拡大

朗読には、関俊彦、箸本のぞみ、本泉莉奈が出演し、小さな子どもから大人まで幅広く楽しめる絵本「二十六夜まいり」の読み聞かせを行った。同作は、俳優の武田鉄矢が実話をもとに書き起こした作品。終戦50年を迎えた鹿児島が舞台となっており、関が「戦争ものには厳しい描写や表現が多いなか、今作は静かに、優しく語りかけて戦争の悲惨さを伝えている」と作品を解説する場面もあった。

最後に出演者が集合すると、一番の先輩にあたる関が「最初から見ていたけど素晴らしいね!」と後輩たちの芝居を絶賛。続けて「声優にできることはまだまだある。彼らを見てその可能性を改めて感じた」と感慨深げに語った。

フォトギャラリー

  • 左から、ランズベリー・アーサー、蘭乃和佳子、箸本のぞみ、三宅健太、関俊彦、加藤英美里、岡野友佑、本泉莉奈
  • 落語「代書屋」 岡野友佑
  • 落語「桃太郎」 蘭乃和佳子
  • 無声映画「ゴルフ狂」 左から、三宅健太、加藤英美里、ランズベリー・アーサー
  • 朗読「二十六夜まいり」左から、箸本のぞみ、関俊彦、本泉莉奈

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。