スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「甲鉄城のカバネリ 総集編」エンディングに、テレビ版ED主題歌「ninelie」の新アレンジVer.

音楽 2016年11月20日(日)22:00

「甲鉄城のカバネリ 総集編」エンディングに、テレビ版ED主題歌「ninelie」の新アレンジVer.

イメージを拡大

ノイタミナで放送されたアニメ「甲鉄城のカバネリ」を前編「集う光」、後編「燃える命」の2部作で公開する「甲鉄城のカバネリ 総集編」のエンディング主題歌が、同作の音楽を手がけた澤野弘之によるボーカルプロジェクト・SawanoHiroyuki[nZK](サワノヒロユキヌジーク)による「ninelie <cry-v>(ナインリィ クライバージョン)」に決定した。

「甲鉄城のカバネリ」は、「進撃の巨人」や「ギルティクラウン」で知られる荒木哲郎が監督を務めた完全オリジナルアニメ。蒸気機関を動力とする装甲機関車「甲鉄城」に乗りこんだ主人公・生駒や無名ら少年少女たちが、押し寄せる謎の敵カバネと生存を賭けて激しい戦いを繰り広げる。

総集編のエンディング主題歌「ninelie <cry-v>(ナインリィ クライバージョン)」は、澤野が女性シンガーのAimerに楽曲提供した、テレビシリーズのエンディング主題歌「ninelie」の新バージョン。原曲と同様にAimerがボーカルを務め、アレンジが一新されるという。同楽曲は、スマートフォン向けゲームアプリ「SOUL REVERSE ZERO」のオープニング主題歌「e of s」のカップリング曲として、12月30日発売予定の配信限定デジタルシングルに収録される。価格は800円。

「甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光」は12月31日、「後編 燃える命」は2017年1月7日に公開。

作品情報

甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光

甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光 Check-in5

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲う...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ