スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「CHAOS;CHILD」第1、2話のアフレコを終えた松岡禎丞が「ミステリーに挑む気持ちで見て」

ニュース 2016年12月16日(金)21:00

「CHAOS;CHILD」第1、2話のアフレコを終えた松岡禎丞が「ミステリーに挑む気持ちで見て」

イメージを拡大

5pb.が展開するゲーム・科学ADVシリーズ第4弾「CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)」のテレビアニメ版第1、2話のアフレコが終了し、松岡禎丞、上坂すみれらキャスト陣からのコメントと集合写真が公開された。

シリーズ前作「CHAOS;HEAD(カオスヘッド)」で発生した大震災「渋谷地震」から6年の歳月を経て復興した渋谷を舞台に、新設された私立高校「碧朋学園」3年生の拓留が、新聞部として「ニュージェネレーションの狂気の再来」と称される連続殺人事件を追う姿を描く同作。宮代拓留役の松岡は「僕も宮代みたいな高校生だったので、そういった意味でも共感しやすい人間だと思います。どこでどんなフラグが立ったのか、 この視点は誰なのか、 はたまた誰が暗躍しているのか。ミステリーに挑む気持ちで見ていただききたいです」と語った。

また、尾上世莉架役の上坂は「今のところは人が多くてとてもにぎやかなのですが、この先果たしてどうなってしまうのでしょう……? 世莉架はいつもほんわかで脳天気な女の子ですが、実は彼女にも秘密が……」と今後の展開を暗示。来栖乃々役のブリドカット セーラ 恵美は「描写が非常にしっかりとしていて、かつグッと胸に刺さるので、監督やスタッフの皆さんのこだわりを強く感じました。こだわりが詰まったこの作品を楽しんでいただけましたら幸いです」、久野里澪役の真田アサミは「テンポよくストーリーが進んでいくので、全体的に見逃さないでほしい」とアピールしている。

そのほか、香月華役の仲谷明香は「ゲームは基本的にひとりで収録するため、みなさんといっしょに収録ということがないので、とても新鮮な気持ちで現場に入りました」、伊藤真二役の藤原祐規は「ゲームをやっていたおかげか、初めて顔を合わせた感じはないです」、有村雛絵役の三森すずこは「やっと共演者のみなさんとお会いできて、作品についてお話ができるのが嬉しいです」とキャストが一堂に会しての収録を喜んだ。

AT-Xで1月11日午後11時30分、サンテレビで同日深夜2時、テレ玉で2017年1月12日深夜1時5分、チバテレビとtvkで12日深夜1時、KBS京都で13日深夜1時35分から、BS11で1月13日深夜3時から放送スタート。dアニメストアでは1月14日正午から特別先行配信が行われ、そのほかの動画配信サービスでも随時配信を開始する。

作品情報

CHAOS;CHILD

CHAOS;CHILD Check-in19

2015年、渋谷。6年前に起きた大災害、渋谷地震から復興した街に新設された私立高校『碧朋学園』(へきほうがくえん)に通う少年、宮代拓留は、自身が設立した新聞部の活動の一環として『ニュージェネレー...

2017冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ