スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ナルトの息子・ボルトの活躍を描く「BORUTO-ボルト- ‐NARUTO NEXT GENERATIONS‐」TVアニメ化決定!

ニュース 2017年1月2日(月)12:00

ナルトの息子・ボルトの活躍を描く「BORUTO-ボルト- ‐NARUTO NEXT GENERATIONS‐」TVアニメ化決定!

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

イメージを拡大

週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載中の漫画「BORUTO-ボルト- ‐NARUTO NEXT GENERATIONS‐」のテレビアニメ化が決定し、2017年4月からテレビ東京系列局で放送開始することがわかった。アニメーション制作は、前作「NARUTO ‐ナルト‐」から引き続き、studioぴえろが行う。また、テレビアニメ版ティザービジュアルと作品ロゴも公開されている。

「BORUTO-ボルト- ‐NARUTO NEXT GENERATIONS‐」は、岸本斉史氏が99年から14年にかけて連載した忍者バトル漫画「NARUTO ‐ナルト‐」の後日談を描くスピンオフ作品。念願叶い七代目火影になったうずまきナルトと日向ヒナタの間に生まれた息子・うずまきボルトを中心とした、次世代忍者たちが新たな活躍を繰り広げる。なお、原作コミックスの国内累計発行部数は、第2巻までで100万部を突破している。

テレビアニメ版メインキャストは、15年に公開された劇場版「BORUTO-ボルト- NAROTO THE MOVIE」からの続投が決定しており、うずまきボルト役の三瓶由布子は「BORUTOのテレビアニメシリーズ化。夢のようです。父、ナルトたちが紡いだ世界の先で、なにが起こるのか。スリーマンセルでの任務、家族の団欒、見たい景色が溢れてきます。オレのかっけー! ところ、期待してくれってばさ!!」とアピール。うちはサラダ役の菊池こころは「去年の夏『せっかくサラダ役に出会えたのだからもう少し一緒にいたいな』と思っていました。今回いざBORUTOアニメ化決定を聞いたとき、嬉しさと同時にちょっと怖じ気づいてもしまいました。改めて『NARUTO』という作品の大きさを実感しています。大切に紡がれてきた木ノ葉の歴史を大事に受け継ぎ、しっかりとていねいに、素直な気持ちで新たな歴史を紡いでいきたいです」、ミヅキ役の木島隆一は「根性や友情や愛情、人はひとりではないということを伝え続け、キャラクター同士だけでなく、みなさんとの間に絆のようなものを育んできたナルトたち。その絆を感じ大切にしつつ、新たな絆をBORUTOとみなさんの間に育めるようミツキを演じたいと思います」と意気込みを語っている。また、テレビシリーズから一貫してうずまきナルトを演じる竹内順子は「ナルトたちの成長譚を15年にわたり、みなさんとともに見守り、応援し、参加してきましたが、とうとう彼らは大人の階段を登っていってしまいました。寂しい気持ちと感謝の気持ちで一杯です。が! 木ノ葉の火の意志はまだ続くのです! 時代がかわり、様々な問題も変容するであろう忍の世界。新主人公ボルトと、その仲間たちの悩み、葛藤、友情、成長をぜひ応援してください」と呼びかけた。

また、原作者の岸本氏も「これだけ長く続けられるのは、みなさまの応援のおかげだと思っています。『BORUTO』は『NARUTO』よりもさらにおもしろいものにしたいと思っています。漫画、アニメ、ゲームと色々な展開が待っていますので、これからも期待していてください」と宣言している。

作品情報

BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS

BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS Check-in19

平和と共に近代化が進んだ木ノ葉隠れの里。高いビルが立ち並び、巨大モニターには映像が流れ、区画と区画を結ぶ雷車が里の中を走り抜ける。忍の里とはいえ一般の人が増え、忍の生き方も変わりつつあるそんな時...

2017春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。