スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 不朽の名作「ルパン三世 カリオストロの城」MX4Dで期間限定公開!

ニュース 2017年1月19日(木)20:30

不朽の名作「ルパン三世 カリオストロの城」MX4Dで期間限定公開!

原作:モンキー・パンチ ©TMS

イメージを拡大

モンキー・パンチ氏の漫画「ルパン三世」誕生50周年を記念して、「ルパン三世」劇場版アニメ第2弾で、宮崎駿監督が手がけた名作「ルパン三世 カリオストロの城」が、体感型4Dシアターシステムに対応した「MX4D(R)」版として、1月20日から期間限定で全国のTOHOシネマズなどで特別上映されることが決定した。特設サイトでは、MX4D版タイトルロゴや予告編も公開されている。

1979年に劇場公開された「ルパン三世 カリオストロの城」は、後に多数のスタジオジブリ作品を手がけることになる宮崎駿監督が初めて劇場用映画に挑戦し、国内外多数のクリエイターに影響を与えた不朽の名作。国営カジノから盗んだ大金が偽札と知ったルパン三世と次元大介は、その偽札が刷られたカリオストロ公国に潜入。武装した男たちに追われる少女クラリスとの出会いをきっかけに、公国の実権を握るカリオスロ伯爵との戦いに挑む。

特製ポストカード サンプル

特製ポストカード サンプル

原作:モンキー・パンチ ©TMS

イメージを拡大

MX4D版は、2014年に公開されたリマスター版をベースに、約1年をかけて最新の技術と手作業でフィルムに映り込んだ汚れやゴミを取り除き、音声もノイズを取り除いて5.1チャンネル化が図られた。また、シートの突き上げや水しぶきなどが発生するという、4D上映ならではの体感アトラクション的な特殊効果も加えられている。公開から年数を経た過去のMX4D化は、これが初めてだという。

劇場公開に先駆け、クラリスを演じた島本須美と、名シーンとして名高いカーチェイスを担当したアニメーターの友永和秀が、MX4D版ダイジェストを体験。島本は「特にカーチェイスのシーンは臨場感があって印象に残りました。口を開けて観ていたら、水しぶきが口の中に入ってしまいましたので、口を閉じてごらんください(笑)。初公開から38年経って、改めて自分の演技を聞くと反省モードに入ってしまいますね」と話し、友永は「最初は半信半疑でしたが、時計塔のシーンは臨場感があってよかったです。今後は演出の人もMX4Dの動きも計算に入れて考えないといけなくなるかもしれないですね。最近のアニメのように手ぶれのシーンがあると、動きが付けられておもしろいかも」とクリエイター視点からの感想を語った。

チケット価格は2200円。なお、入場者特典として、各劇場1700枚限定で、79年の初公開時に仮設定として描かれたポスターイラストを使用した特製ポストカードがプレゼントされる。

フォトギャラリー

  • 特製ポストカード サンプル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。