スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 舞台版「Fate/Grand Order」キャスト陣、イベント限定映像に「こんなに見せて大丈夫?」

イベント 2017年7月29日(土)20:03

舞台版「Fate/Grand Order」キャスト陣、イベント限定映像に「こんなに見せて大丈夫?」

イメージを拡大

7月14日から17日にかけて、Zeppブルーシアター六本木で上演された舞台劇「Fate/Grand Order THE STAGE 神聖円卓領域キャメロット Replica; Agateram」のスペシャルステージが、7月29日に千葉・幕張メッセで開催された「Fate/Grand Order Fes. 2017 ~2nd Anniversary~」内で行われた。イベントの司会進行役をロマニ・アーキマン役の井出卓也が務め、藤丸立香役の佐伯亮と岡田恋奈、マシュ・キリエライト役のナナヲアカリ、ベディヴィエール役の佐奈宏紀ら、メインキャスト総勢13名が一堂に会した。

同舞台の原作「Fate/Grand Order」は、TYPE-MOONが展開するゲーム「Fate」シリーズのスマートフォン向けゲーム版。「舞台版FGO」では、シリーズの生みの親のひとりである奈須きのこ自らがシナリオを担当し、好評を博したゲーム版「第六特異点 神聖円卓領域キャメロット」のストーリーを再現している。人類の絶滅を防ぐべく、人理継続保証機関・カルデアが発令した聖杯探索任務・グランドオーダーを受け、十字軍に奪還されたばかりのはずの1273年の聖地へと向かった立香とマシュだったが、そこではキャメロットから降り立った獅子王と円卓の騎士、古代エジプトから現れた太陽王が覇を競っていた。

ステージでは、スクリーンに映された舞台の映像を見ながら、キャスト陣が公演の様子を振り返るトークコーナーが展開された。映像の前半は、立香やマシュが旅立つプロローグ部分とダンスや歌を披露するシーンがメインで、後半はアクションや戦闘などのシーンを中心とした構成。アーラシュ役の西川俊介は、前半部分では出番がなく、このまま出番がないのではと不安げな表情を見せていたものの、後半部分では見せ場である弓を使ったアクションシーンが盛り込まれており、ほっと胸をなで下ろしていた。また、物語の核心に迫る場面も数多く収録されており、キャスト陣が口をそろえて「こんなに見せて大丈夫なのか」と思わず心配してしまうほど。そのほか、多くのキャストが、客観的に舞台を見るのは新鮮な体験だと語っていた。

続いて、9月29日~10月8日に東京・Zeppブルーシアター六本木で上演される秋公演と、2018年2月28日に発売されるブルーレイ&DVDの告知コーナーへ。その最中に、先ほど上映された舞台映像が、ブルーレイ&DVDには収録されない、今回のイベントだけの特別映像だということも明かされた。

最後は、秋公演にも出演することが決まっているキャスト陣が、さらにレベルアップした演技と舞台にしてみせるとの意気込みを力強く語り、西川がアーラシュの代名詞ともいえる宝具使用時のセリフ「ステラー‼」を高らかに叫んでステージの幕を飾った。

イベント情報・チケット情報

Fate/Grand Order THE STAGE –神聖円卓領域キャメロット-【1回目】 0
開催日
2017年7月14日(金)
時間
19:00開始
場所
Zeppブルーシアター六本木(東京都)
出演
佐奈宏紀, 佐伯亮, ナナヲアカリ, …

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。