スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「機動新世紀ガンダムX」ブルーレイボックスに本編後日譚の描き下ろしコミック封入

商品情報 2017年12月24日(日)12:00

「機動新世紀ガンダムX」ブルーレイボックスに本編後日譚の描き下ろしコミック封入

(C)創通・サンライズ

イメージを拡大

2018年3月23日発売の「機動新世紀ガンダムX Blu-rayメモリアルボックス」に、本編の後日談となる描き下ろしコミックが封入されることがわかった。

同作は、1996年に放送された「ガンダム」シリーズ作品で、かつて勃発した第7次宇宙戦争によって荒廃してしまった地球が舞台。戦後の厳しい世界をたくましく生きる少年ガロード・ランは、ニュータイプの少女ティファ・アディールを守るため、かつての大戦でトラウマを負ったジャミル・ニートが率いる陸上戦艦フリーデンのクルーたちとともに、ニュータイプを利用する者たちと戦っていく。「機動戦士ガンダム」で提唱されたニュータイプという概念をテーマに据えつつも、バイタリティあふれるガロードの成長を通じて、新たなニュータイプ観を描き出したことで話題を呼んだ。

描き下ろしコミック設定

描き下ろしコミック設定

イメージを拡大

描き下ろしコミック「あなたと、一緒なら」は、本編最終回から直接つながる「NEXT PROLOGUE」として位置づけられる完全新作エピソードで、ガロードとティファの新たな旅路を描く。監修を高松信司監督、ストーリーをシリーズ構成の川崎ヒロユキ、作画を放送当時「コミックボンボン」(講談社刊)で同作のコミカライズを連載していた、ときた洸一が担当。ときたが描いたガロードとティファのラフイラストも公開されている。

同ボックスに収録される本編映像は、HDリマスターを施して高画質化。特典として録り下ろしオーディオコメンタリーのほか、ゲーム「SDガンダム ジージェネレーション」シリーズや「機動戦士ガンダム VS」シリーズのガンダムX登場ムービーを集めた映像などが収録される。また、05年に発売された「機動新世紀ガンダムX DVDメモリアルボックス」に付属した解説書も、デジタルアーカイブとして再録する。ボックスイラストには、メカニカルデザインを担当した石垣純哉による描き下ろし原画と、キャラクターデザインを担当した西村誠芳が97年に描いたアーカイブ原画を使用。彩色はときたが担当している。価格は5万2000円(税抜き)。

作品情報

機動新世紀ガンダムX

機動新世紀ガンダムX Check-in3

第7次宇宙戦争から15年を経た地球・・・。そこでは人々が再び平和な日常を営み始めていた。少年ガロード・ランも、そのひとりだった。
 ある日、そんなガロードのもとに、バルチャーに誘拐された少女・テ...

1996春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ