スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「斉木楠雄のΨ難」にED主題歌を歌う「でんぱ組.inc」相沢梨紗のゲスト出演が決定

ニュース 2018年1月16日(火)22:00

「斉木楠雄のΨ難」にED主題歌を歌う「でんぱ組.inc」相沢梨紗のゲスト出演が決定

イメージを拡大

1月16日からスタートするテレビアニメ「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのさいなん)」に、同作のエンディング主題歌「Ψ発見伝!」を歌うガールズユニット「でんぱ組.inc」から、メンバーの相沢梨紗がゲスト出演することがわかった。相沢が演じる役は後日発表される。

ゲスト出演について、相沢は「すごく嬉しかったです! 『でんぱ組.inc』のメンバーと一緒に移動中の車内で聞かされて、『っしゃ!』って喜びました(笑)。メンバーのみんなも喜んでくれて。大好きな作品なので、『絶対に見るね!』と一緒に盛り上がってくれて、ダブルで嬉しかったです!」と喜びを語る。「2次元に生命を吹き込まれる声優さんは神!」と熱弁する相沢だけに、収録を振り返り「ヘッドホンを付けて、収録されたみなさんの声に合わせてのアフレコだったのですが……。心の準備はしていったつもりだったのですが、やはりテンポが早い! 1回目の通しの時はあっという間過ぎて、『わわわ~!』って感じになっちゃいました。キャストのみなさんは、やはりすごいんだなと痛感しました。あとは観てるみなさんは思ってると思いますが、『耳からいい声が!! ありがたや~!!』と(笑)」と上機嫌だ。

同作は「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気ギャグ漫画のアニメ化。絶大な超能力の持ち主ながらも「目立たず人と関わらず」がモットーの高校生・斉木楠雄が、何も考えていないため、テレパシーでも思考が読めない燃堂力や、誰もが認める中二病・海藤瞬をはじめとした個性的なクラスメイトたちによって、さまざま厄介ごとに巻き込まれていく姿を描く。

イメージを拡大

第1話の収録を終えたメインキャストからのコメントも公開された。主人公の楠雄を演じる神谷浩史は「楠雄は、あいかわらずたくさんしゃべって、みなさんの怒涛のようなセリフの合間合間に、合いの手のように鋭く突っ込み続ける役です! 相変わらず大変です!」と苦労を明かし、「アニメの斉木楠雄が帰ってきました! 相変わらず猛烈なテンポで、先生が1週間かけて完成させた原作を、1話につき4分で消化し続けます! 見始めたら最後、あっという間に30分が過ぎ去ってしまう不思議な作品です! ぜひ週に一度、テレビの前で見届けてください!」とアピールしている。

また「斉木ックラバー feat. 斉木楠雄(CV:神谷浩史)、燃堂力(CV:小野大輔)、海藤瞬(CV:島崎信長)」が歌うオープニング主題歌「Ψレントプリズナー」のテレビサイズバージョンが、2月28日のCDリリースに先駆け、1月18日からiTunes、レコチョクほかで配信されることも決定した。価格は239円(税抜き)。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ