スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 体細胞を擬人化した「はたらく細胞」TVアニメ化決定 監督に「DRIFTERS」の鈴木健一

ニュース 2018年1月22日(月)20:30

体細胞を擬人化した「はたらく細胞」TVアニメ化決定 監督に「DRIFTERS」の鈴木健一

(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

イメージを拡大

人体を構成するさまざまな細胞を擬人化した、清水茜氏による漫画「はたらく細胞」のテレビアニメ化が決定。7月から放送を開始することがわかった。アニメ版公式サイトがオープンし、アニメ化決定を報じるプロモーションビデオなどが公開されている。

原作は、「月刊少年シリウス」(講談社刊)で連載中。コミック累計発行部数が150万部を突破する人気作で、白血球や赤血球、キラーT細胞など、擬人化された細胞たちが日々めまぐるしく働く様子を描く。

スタッフは、監督に「DRIFTERS」の鈴木健一を迎え、シリーズ構成を「月がきれい」「ちはやふる」の柿原優子、キャラクターデザインを「おおきく振りかぶって」「弱虫ペダル」の吉田隆彦、音楽を「ミイラの飼い方」や実写ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でタッグを組んだ末廣健一郎とMAYUKOが担当する。アニメーション制作は、原作コミックス第5巻の発売記念スペシャルアニメ映像を手がけた、「ジョジョの奇妙な冒険」のdavid productionが行う。

原作者の清水氏は「細胞の擬人化というポップな題材のおかげで、みなさまに受け入れていただき、非常に幸運だと思っておりましたが、その上アニメ化までしていただけるとは思いませんでした。みなさまのご期待に沿えることができなかったり、周りの方にご迷惑をおかけしたり、自分の未熟さを痛感する毎日ですが、未熟者ながら、一話一話に『楽しんで欲しい』という気持ちを詰め込んで描いた漫画です。ぜひ見ていただけると嬉しいです!」とアニメ化を喜んでいる。

鈴木監督は「私たちの体の中には、約37兆個もの細胞が24時間休まず働いています。『へぇ~、こんなことが起きてるんだ~』『細胞たちがこんなに頑張ってくれてるんだ~』と、自分の体の中で起きているさまざまな出来事を、あれこれ妄想(笑)しながら、楽しんで見ていただけたら幸いです。スタッフ一同、細胞に負けないよう、『はたらくスタッフ』となって頑張っていますので、なにとぞよろしくお願いいたします!」と意気込みを語った。

アニメ化を記念して、公式サイトではプレゼントキャンペーンを実施中。応募フォームから申し込むと抽選で30人に、日本調剤株式会社監修の「はたらく細胞オリジナルおくすり手帳」が当たる。また、企業や団体、法人からの依頼に応じ、「はたらく細胞」のキャラクターたちが、商品紹介やキャンペーンPR、コラボレーションなどさまざまな企画に登場する「リアルはたらく企画」も受け付け中だ。

作品情報

はたらく細胞

はたらく細胞 Check-in79

細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。体に襲いかかるウイルスや細菌には徹底抗戦! そこには知られざる細胞たちのドラマがあった。

2018夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ