スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「タイバニ」製作陣が送る“バディシリーズ”「DOUBLE DECKER! ダグ&キリ」18年スタート

ニュース 2018年3月16日(金)18:00

「タイバニ」製作陣が送る“バディシリーズ”「DOUBLE DECKER! ダグ&キリ」18年スタート

(C) SUNRISE/DD PARTNERS

イメージを拡大

オリジナルアニメ「DOUBLE DECKER!(ダブルデッカー) ダグ&キリル」の製作が発表された。今年1月にアナウンスされた「『TIGER & BUNNY』新アニメシリーズプロジェクト」の“バディシリーズ”として展開されていく。

物語は、つかみみどころのない残念なベテラン刑事ダグ・ビリンガムと、やる気だけはある残念な新人キリル・ヴルーベリがタッグを組むというもの。ダグ役は海外ドラマ「SHERLOCK シャーロック」でシャーロック・ホームズ役の吹き替えなどを担当する三上哲、キリル役は「アイドルマスター SideM」の天崎滉平が演じる。三上からは「ダグという人物は飄々(ひょうひょう)としていながらも熱い男、それでいて過去にも色々ありそうで、そういったものがにじみ出る深みのある大人なキャラクターだと感じました」、天崎からは「この作品の魅力のひとつが相棒の存在、キリルにとってのダグだと思うのですが、2人がどう出会いどんなバディになっていくのかが、今からとても楽しみです」とのオリジナル作品への意気込みのコメントが寄せられている。

スタッフは、企画・制作のサンライズ、メインキャラクターデザインの桂正和が「TIGER & BUNNY」から踏襲し、監督は「七つの大罪 戒めの復活」の古田丈司、シリーズ構成は「ワンパンマン」の鈴木智尋、シリーズ演出は「亜人ちゃんは語りたい」の安藤良という布陣となる。

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリ」は、2018年にシリーズ開始。

作品情報

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル Check-in12

都市国家リスヴァレッタ。二つの太陽が昇るこの街には、人々が平穏な生活を営むその影で、犯罪や違法薬物がはびこっている。中でも致死率の高い危険な薬物「アンセム」は街に暗い影を落としていた。SEVEN...

2018秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ