スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」完全新作の制作が決定 石立太一監督が所信表明

ニュース 2018年4月5日(木)22:00

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」完全新作の制作が決定 石立太一監督が所信表明

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

イメージを拡大

4月4日深夜に放送されたテレビアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の最終回終了後に、同作の完全新作の制作決定が発表された。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、暁佳奈氏による第5回京都アニメーション大賞受賞作品(KAエスマ文庫刊)のアニメ化。相手の思いをすくいあげて言葉を紡ぐ「自動手記人形」と呼ばれる職業が一般化した世界を舞台に、かつて戦場において「武器」と呼ばれた、感情を持たない少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、自動手記人形として働きながら人々と交流し、ある言葉の意味を探していく姿を描く。

新作決定に向けた、石立太一監督の所信表明も公開。石立監督は「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』真っ白で無垢な少女の成長の物語 全13話をかけて前を向けた彼女。そして新作を制作するにあたり、今思うのは、ヴァイオレットにとって、観ていただいた方にとって、幸せを感じられる物語でありたいということです。精一杯、務めさせていただければと思います。よろしくお願いいたします」と意気込みを語っている。

なお、7月4日発売のブルーレイ&DVD第4巻には、本編第4話と第5話の間の数カ月に起きた物語を描く特別番外編「Extra Episode」が収録される。発売中の第1巻には、2017年12月10日に全国5都市の劇場で開催のジャパンツアーで限定公開された、第1~3話の劇場上映版が収録されている。

作品情報

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ヴァイオレット・エヴァーガーデン Check-in74

ヴァイオレットには戦場で聞いた忘れられない言葉があった。それは、彼女にとって誰よりも大切な人から告げられた言葉。「―――」。彼女はその意味を理解できずにいた。とある時代のテルシス大陸。大陸を南北...

2018冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ