スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ゾイド」12年ぶりの新作「ゾイドワイルド」放送直前 110万円が当たるキャンペーン実施

ニュース 2018年7月5日(木)22:00

「ゾイド」12年ぶりの新作「ゾイドワイルド」放送直前 110万円が当たるキャンペーン実施

(C) TOMY/ZW製作委員会・MBS

イメージを拡大

テレビアニメ「ゾイドワイルド」の放送が7月7日から、MBS/TBS系列28局全国ネットで始まる。これを記念して、主人公のアラシが駆る主役ゾイド“百獣の王ワイルドライガー”にちなみ、合計110万円分の商品券が当たるキャンペーンが、テレビアニメ公式Twitterアカウントで同日まで実施している。応募には、かなえたい願いの投稿や、テレビアニメ初回放送で公開されるキーワードをハッシュタグにしてのツイートが必要となる。

同作は、タカラトミーが展開する組み立て式玩具「ZOIDS(ゾイド)」のアニメ化最新作。1983年から発売されている玩具は累計出荷数4400万を超え、累計売上830億円以上を記録している。テレビアニメ版は1999年の第1作「ゾイド -ZOIDS-」を皮切りに、2001年に「ゾイド新世紀/ZERO」、04年に「ゾイドフューザーズ」、05年に「ゾイドジェネシス」が放送。第5作となる今回の「ゾイドワイルド」は、12年ぶりの新作となる。

同シリーズはいずれも、ライオンや恐竜といった動物の姿をした機械生命体“ゾイド”と、そのパートナーたちの戦いを描いているが、今作「ゾイドワイルド」では設定を一新し、従来の“惑星Zi”から地球へと舞台を移した新たな物語が繰り広げられる。また、従来シリーズでは、パイロットがゾイド内部のコクピットに搭乗していたのに対して、今作ではゾイドが小型化されており、またがって操縦することも特色だ。

メインキャストは、「フリーダム団」を率いるアラシを小野賢章が演じ、ゾイド博士と呼ばれる博識なオニギリを小桜エツ子、賞金を稼ぎながら旅をしていたペンネを小松未可子、お金と音楽を愛するお調子者のギョーザを木村昴が担当。また、世界のすべてが手に入るという“古代秘宝Z”を追う「シュプリーム団」のリーダー・ベーコン役には櫻井孝宏、同団の紅一点であるソースには小清水亜美、アラシたちの前に立ちふさがる「デスメタル帝国」が誇る四天王のひとりドレイク役には石川界人が起用されている。

スタッフは、監督に「ポケットモンスター」シリーズの須藤典彦を迎え、シリーズ構成を「ナンバカ」の広田光毅、キャラクターデザインを村上李香が務める。アニメーション制作は「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」のOLMが行う。

作品情報

ゾイドワイルド

ゾイドワイルド Check-in6

ゾイド! それは金属の肉体と、動物の本能、闘争心を持ち、生態系の頂点に立つ、最強生命体である! ゾイドと人間が究極の絆を結んだ時、秘められた力が覚醒する! その名は……ワイルドブラスト!

2018夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ