スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 櫻井孝宏「おそ松さん」劇場版を“息切れ発表” 声優6人でまさかの大縄跳び

イベント 2018年8月19日(日)21:49

櫻井孝宏「おそ松さん」劇場版を“息切れ発表” 声優6人でまさかの大縄跳び

祝・劇場版!…のはずが体を張りすぎてバテバテ

祝・劇場版!…のはずが体を張りすぎてバテバテ

イメージを拡大

人気テレビアニメ「おそ松さん」第2期のスペシャルイベント「フェス松さん'18」が8月19日、神奈川・パシフィコ横浜で開催され、キャストの櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸、上田燿司、飛田展男、斎藤桃子が登壇した。

イベントは、第2期を振り返るトークコーナーや新作ストーリーを披露する朗読劇など盛りだくさんの内容だったが、この日一番の爆笑が沸き起こったのは、6つ子役の声優6人(櫻井、中村、神谷、福山、小野、入野)と6つ子(着ぐるみ)の対決コーナー。賞金10万円を前に声優陣が意気込むなか、第1試合は小野と十四松が「万歩計を手に“十四松ダンス”を踊り、歩数を競う」というシュールな勝負に挑むことに。「小野さん、かわいさでは負けているから頑張って!」(入野)などの声援を受けるも、「十四松ダンスって何?」と戸惑う小野だったが、奇妙な動きのダンスを踊りまくって勝利を収めた。

第2試合は、中村、福山、入野と6つ子全員によるポージング対決。試合ルールは「画面に映し出された6つ子のビジュアルと同じポーズをとる」で、6つ子たちは息の合った完璧なポージングを披露。声優チーム3人も必死の形相でポージングに挑み、互角の勝負を繰り広げたが決着がつかず、最後はじゃんけんに勝利した6つ子チームに軍配が上がった。最もポージングに苦戦した中村はすっかり汗だくになり、「中村さんの(ポージング)かわいかったですね」(入野)、「(汗で)ドロドロ松……(笑)」(福山)といじられまくっていた。

第3試合は、櫻井&神谷チームがおそ松&チョロ松チームと「ぐるぐるバットハグ」対決に挑戦。「ぐるぐるバットを6回した後に(チームメイト)とハグするまでの速さを競う」というルールを知らされた櫻井は「もう俺44歳だよ!」と悲鳴をあげ、小野も「(櫻井と神谷の)おっさん同士だ!」とツッコミを入れる。いざ勝負がはじまると、神谷がふらつきながらも懸命に櫻井に駆け寄り、しがみつくかのようにハグ。一方の櫻井は一歩も前に進むことなく、神谷が来るのを待つばかり。神谷の健闘によって勝利を収め、神谷が「お前動いていないじゃないか!」とクレームを入れと、櫻井は「『俺はここにいるぞ浩史』と思っていた(笑)」と開き直っていた。

ついに迎えた最終試合は、声優チーム6人全員参加の大縄跳び。先行のおそ松&カラ松チームは15回を記録。続く声優チームは、それを上回る19回を叩き出すも、遠藤の「もう1回やります」という判断により、もう1試合行うことに。声優陣は悲鳴をあげ、櫻井は崩れ落ちていたが、再試合も声優チームが29回の新記録を達成。櫻井は息を切らしながら賞金を受け取り、神谷は喜びと疲労で倒れ込んでいた。

イベント終盤には、完全新作劇場版「えいがのおそ松さん」が2019年春に公開されることが生発表された。客席からは「やばい!」「整理できない!」など喜びを爆発させる声があがり、場内は割れんばかりの拍手と歓声に包まれる。大縄跳びのダメージが残る櫻井は「汗が止まりません」と笑っていたが、劇場版については「まさかね……劇場版」と息を切らしながら喜びを語り、中村は「縄跳びしたからですかね。よかった跳んでみるもんだ(笑)」。さらに櫻井は、興奮状態の観客に向けて「何をやるかわかりませんが、楽しみにしていてください!」と熱く呼びかけた。

作品情報

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ