スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 荒木飛呂彦氏、原画展「ジョジョ」新作大型原画に込めた思い「キャラクターを等身大で感じて」

イベント 2018年8月21日(火)17:13

荒木飛呂彦氏、原画展「ジョジョ」新作大型原画に込めた思い「キャラクターを等身大で感じて」

(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

イメージを拡大

「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる漫画家・荒木飛呂彦氏の展覧会「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」のプレス向け内覧会が8月21日、東京・国立新美術館で行われた。

同展は、荒木氏の代表作である「ジョジョの奇妙な冒険」誕生30周年記念の集大成として行われる展覧会。初公開を含む肉筆原画や関係資料に加え、12枚を合わせることで、巨大なイラストが完成する新作大型原画のほか、アーティストとのコラボレーション作品も展示される。内覧会では、コラボレーション作品を手がけた美術家・彫刻家の小谷元彦氏、デザイナーの森永邦彦氏、ビジュアルデザインスタジオのWOWによる作品コンセプト紹介も行われた。

荒木氏が登壇してのトークセッションでは、初披露となった新作大型原画についての話題が展開。荒木氏は「絵を描いていた場所と照明が違うので、自分でも新鮮に感じますね」と感想を述べ、印象に残っているキャラクターを聞かれると、「大型原画は、見ている私たちの世界とキャラクターの世界を一体化させたいという思いで、キャラクターたちを等身大に感じられるように描いた絵です。イギーという犬のキャラクターを真ん中に、両サイドに広がるという構図をとったので、そういう意味ではイギーですね」と語った。

最後は、荒木氏が「より一体感を感じられるように、並べ方も一列ではなく、コの字型で展示させていただきました。ただ、ちょっと失敗した部分があって……(照明の影響もあり)ディオの絵の背景だけ少し濃かったかなと。昨日見て、少し直したいなと思いました(笑)」とはにかんだ。

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」は、8月24日~10月1日に国立新美術館で開催。

イベント情報・チケット情報

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 Check-in4
開催日
2018年8月24日(金)
時間
10:00開始
場所
国立新美術館(東京都)

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ