スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 三宅乱丈原作「pet」舞台化 ヒロキ役の植田圭輔がTVアニメ・舞台でダブル主演

ニュース 2018年9月24日(月)12:00

三宅乱丈原作「pet」舞台化 ヒロキ役の植田圭輔がTVアニメ・舞台でダブル主演

イメージを拡大

三宅乱丈氏の漫画「ペット リマスター・エディション」をテレビアニメ化する「pet(ペット)」のメインキャストが発表された。司に深い信頼を寄せるヒロキ役には、舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE」の植田圭輔が抜てき。「会社」内でのし上がろうとする野心の持ち主である司は「進撃の巨人」の谷山紀章、林を慕う悟を「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の小野友樹、消息を絶っていた強力な能力者の林を「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の加瀬康之が演じる。

「ペット リマスター・エディション」は、2003年に「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館刊)で連載された「ペット」に、大幅な修正と描き下ろしを追加して刊行された完全版(全5巻、KADOKAWA刊)。人の記憶を操る能力を持ったヒロキ、司、悟らは、「会社」と呼ばれる中国マフィアによって管理される“pet(ペット)”として、組織のために要人の記憶を操作する汚れ仕事に従事していた。ヒロキが「会社」に対して疑念を抱き始めるなか、彼らを助け出すべく、行方不明になっていた林が現れる。テレビアニメ版のアニメーション制作は、「ゴールデンカムイ」のジェノスタジオが担当する。

また「ペット リマスター・エディション」の舞台化も決定した。主人公のヒロキ役はテレビアニメ版と同じく植田圭輔が演じ、司役に桑野晃輔、悟役に谷佳樹、林役に萩野崇が選ばれた。12月5~9日に第1弾「舞台『pet』‐壊れた水槽‐」が東京・草月ホールで上演される。チケットは、非売品グッズ付きのプレミアム席が9500円、一般席が7500円(いずれも税込み)で、9月24~30日にキャスト先行販売、10月9~15日にLEncore先行、プレリクエスト先行販売が行われる。第2弾「舞台『pet』‐虹のある場所‐」は、2019年に上演。

テレビアニメ版と舞台版で主演を務める植田圭輔は「この作品は独特の世界観なので、舞台版でどのような表現ができるか、とてもワクワクです。12月の舞台から来年のアニメへと、長いスパンで『pet』をお楽しみ下さい。ヒロキを演じる唯一の人間として、しっかりその責任を果たしたいと思いますので、まずは劇場にてお会いしましょう!」と意気込みを語っている。

テレビアニメ版、舞台版それぞれのキービジュアルも公開された。アニメ版キービジュアルは、キャラクターデザインを務める羽山淳一による描き下ろしで、ヒロキの能力イメージである“金魚”と、司のイメージ“水”をモチーフにしたイラストとなっている。今回の発表に合わせて公式サイトもリニューアルされており、公式Twitterアカウントでは9月25日から、舞台版キャストからのスペシャル動画が4日連続で公開される。

作品情報

pet

pet Check-in0

人の意識に潜り込み、記憶を自在に操る特殊能力を持った主人公「ヒロキ」、「司」、「悟」たちは、「会社」と呼ばれる中国マフィアによって管理される日々を送っていた。pet(ペット)と呼ばれた彼らは、組...

2019アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ