スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 草なぎ剛、日仏合作アニメ「ムタフカズ」出演は即決 「本も読まずに」

ニュース 2018年9月30日(日)19:00

草なぎ剛、日仏合作アニメ「ムタフカズ」出演は即決 「本も読まずに」

“人間のクズ”ばかりが住む街を舞台にした日仏合作アニメ

“人間のクズ”ばかりが住む街を舞台にした日仏合作アニメ

イメージを拡大

「鉄コン筋クリート」で知られるSTUDIO4℃と、フランスの映像制作会社ANKAMAがタッグを組んだ長編アニメーション「ムタフカズ」の完成披露上映会が9月26日、東京・新宿バルト9で行われ、声優を務めた草なぎ剛、柄本時生、満島真之介、メガホンをとった西見祥示郎監督が登壇した。

2017年のアヌシー国際アニメーション映画祭、第30回東京国際映画祭では、オリジナルのフランス語版が披露され、SNS上で大きな話題を呼んでいた本作。日本語版がついに完成し、この日お披露目された。“人間のクズ”ばかりが住む街を舞台に、ここで生まれ育ったアンジェリーノ(草なぎ)、ガイコツ頭の親友ヴィンス(柄本)、バカで臆病なウィリー(満島)が、地球の存亡をかけた大冒険に巻き込まれる。

草なぎは「鉄コン筋クリート」の大ファンだといい、「オファーをいただき、本(台本)も読まずに『は』と『い』で『はい』とお答えした」と本作への出演が“即決”だったと告白。柄本、満島に先立ってアフレコを行い「僕が最初だったから、(出来ばえが)良かったのかな」とドヤ顔も。「ぜひ3人の友情を感じてもらえれば。みんないい意味でデコボコなので」と映画が描く仲間の絆をアピールしていた。

声優初挑戦となった柄本は「もともと興味があったので、僕も本は読まずに。とても楽しかったです」と手応え。満島はウィリー役に加えて、ラップ調の主題歌も歌っており「次は3人でコラボしたい」と意欲を燃やしていた。

西見監督は完成披露の場に立ち「泣きたいくらい」と感無量の面持ち。完成に至る過程で、作業が中断した時期もあったそうで「本当にこの日を迎えられるなんて。ありがとうございます」と感謝を示していた。また、草なぎの声優ぶりについては「まずは声が大きい。体の構造が違うのか、まるで楽器のようだった」と話していた。

「ムタフカズ」は、10月12日から全国公開。

映画のことなら映画.com

作品情報

ムタフカズ

ムタフカズ Check-in1

ここはDMC(ダーク・ミート・シティ)、犯罪者と貧乏人の吹き溜まり。この街に生まれ育ったアンジェリーノ・通称“リノ”は、ガイコツ頭の親友ヴィンスとボロアパートの一室に同居中。バカで臆病な友達のウ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • “人間のクズ”ばかりが住む街を舞台にした日仏合作アニメ

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ