スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「イングレス」の制作に超解像スケーラ「GRADIA」を採用 ジャギーの少ない実線の拡大を実現

ニュース 2018年10月19日(金)12:00

「イングレス」の制作に超解像スケーラ「GRADIA」を採用 ジャギーの少ない実線の拡大を実現

GRADIA使用後

GRADIA使用後

イメージを拡大

放送中のテレビアニメ「イングレス」の制作に、株式会社アクセルのミドルウェア「GRADIA」が採用されていることがわかった。「GRADIA」は、独自アルゴリズムによって、ジャギー(描線のギザギザ)の少ない滑らかなスケーリング(拡大)を可能にする超解像スケーラで、高画質化に寄与している。

「GRADIA」の導入により、「イングレス」では、3DCGで描画されるキャラクターの実線を、シャープさを保ったままで拡大することが可能になった。作中カットを使用した比較画像も公開されており、「GRADIA」による処理を施した画像では、実線がより鮮明に描画されていることがわかる。同作の撮影監督を務める野村達哉は「これまで、さまざまなアップコンバート技術を試してきましたが、日本のアニメーションの特徴である“実線”のみがスムーズにアップコンバートされ、しかもリアルタイムでの処理を実現している GRADIAの超解像技術には驚かされました。テレビアニメ『イングレス』では、全編、全カットにおいてGRADIAを採用しています」とコメントしている。

アクセルは、「イングレス」のアニメーション制作を担当するクラフタースタジオが提唱している、日本独自のアニメーション表現を3DCGで再現する“スマートCGアニメーション”に賛同。今後もさまざまな技術提供を通じて、アニメーション業界に貢献していくという。

「イングレス」は、フジテレビの新設アニメ枠「+Ultra」の第1弾作品として放送中。

作品情報

INGRESS THE ANIMATION

INGRESS THE ANIMATION Check-in37

2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。その目的は人間の精神に干渉する未知の...

2018秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • GRADIA使用後
  • GRADIA使用前

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ