スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ONE PIECE」本編&副音声に「V6」三宅健が出演 初挑戦のアニメ声優を田中真弓、山口勝平が絶賛

ニュース 2019年1月12日(土)20:30

「ONE PIECE」本編&副音声に「V6」三宅健が出演 初挑戦のアニメ声優を田中真弓、山口勝平が絶賛

イメージを拡大

テレビアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の放送20周年を記念して、1月13日と20日の放送回でオンエアされる番組初の副音声に、オープニング主題歌「Super Powers」を歌う「V6」の三宅健が出演することがわかった。また、本編では三宅がアニメ声優に初挑戦しており、囚人役と村人役を2週にわたって演じ分けている。

副音声の収録では、三宅、田中真弓(ルフィ役)、山口勝平(ウソップ役)の3人が「仲間と懸命に生きていく」をテーマにトークを展開。同作の大ファンを公言している三宅は、「V6」のメンバーを「ONE PIECE」のキャラクターになぞらえた話題や、得意の声真似などで副音声を盛り上げた。

三宅は「初回の放送から見ていた作品なので、主題歌だけでなく、まさか自分が副音声そして本編にも出演させていただくことができるとは、驚きとともに本当にうれしいです」と出演に大喜び。アニメ声優としての初収録については「村人と囚人役という異なる2役を演じましたが、特に難しかったのは囚人の叫び声ですね。声優さんという職業にも興味があったので、みなさんのアフレコも見学させていただきました。あんなに長いシーンを一気に続けて録っていたので、その臨場感に驚きました」と、プロの技に目を見張った。

そんな三宅の芝居に、田中は「アフレコを聞いて思ったことは、三宅さんは声の技を持っている人だなということ。特にやられるときの断末魔の悲鳴は難しいのに、徐々に干からびていく声の表現など、見事でした」と太鼓判。山口も「三宅さんは、キャラクターを演じるときに、僕たちより声が変わる! ものまねのバリエーションも広くて、十分な声のキャラクター性を持っているので、アニメに向いている声とお芝居だと思います! またぜひ挑戦して欲しいです!」と絶賛していた。

ルフィたち“麦わらの一味”の大冒険を描く「ONE PIECE」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の尾田栄一郎氏による人気海賊漫画。1999年にテレビアニメ化され、今年放送20周年を迎える。18年10月7日放送回からオンエアされている、「V6」が歌うオープニング主題歌「Super Powers」のシングルCDは1月16日に発売。

作品情報

ONE PIECE(ワンピース)

ONE PIECE(ワンピース) Check-in12

時は、大海賊時代。この世の全てを手に入れた男、海賊王ゴールド・ロジャー。彼が死に際に放った一言は全世界の人々を海へと駆り立てた。「俺の財宝?ほしけりゃくれてやる!探せ!この世のすべてをそこに置い...

1999秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ