スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「妖怪人間ベム」完全新作アニメ始動 小西克幸、M・A・O、小野賢章出演で19年放送

ニュース 2019年2月8日(金)11:31

「妖怪人間ベム」完全新作アニメ始動 小西克幸、M・A・O、小野賢章出演で19年放送

ビジュアル&PVも公開

ビジュアル&PVも公開

イメージを拡大

1968年に誕生した人気アニメ「妖怪人間ベム」の完全新作アニメーションの制作が決定し、「BEM」のタイトルで2019年に放送されることがわかった。主要キャラクターのベム、べラ、ベロは小西克幸(ベム役)、M・A・O(ベラ)、小野賢章(ベロ)が担当する。

「妖怪人間ベム」は、各地を放浪する妖怪人間ベム、べラ、ベロが「人間になりたい」と願いながら悪と戦う物語で、06年にリメイク版アニメ、11年に亀梨和也、杏、鈴木福出演の実写ドラマ版が放送された。17年には「50周年プロジェクト」が始動し、ショートアニメ版(キャストは杉田智和、倉科カナ、須賀健太)が制作された。

完全新作となる今作は、人間のために善行を重ねながらも化け物とののしられ、それでも懸命に生きるベム、ベラ、ベロの「強さ」「まっすぐさ」「切なさ」など本質的な魅力は残しながらもキャラクター設定を一新し、新たな物語が紡がれる。このほど公開されたティザービジュアルとティザーPVには、過去作と大きく異なるキャラクターデザインが披露されている。

またスタッフは、「劇場版メタルファイト ベイブレードVS太陽 灼熱の侵略者ソルブレイズ」の小高義規が監督、「ポケットモンスター」シリーズや「イナズマイレブン」シリーズなどで知られる冨岡淳広がシリーズ構成を務め、村田蓮爾がキャラクター原案、砂川正和がキャラクターデザイン、ランドック・スタジオがアニメーション制作を担当する。

作品情報

BEM

BEM Check-in20

湾港都市「リブラシティ」。 政治・経済・文化の中心であり、街の“富”が結集した「アッパーサイド」と、汚職や犯罪に溢れ、人々がお互いを疑い合わざるを得ない「アウドサイド」、その両エリアを分かつ巨大...

2019夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。