スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」全13話でTVアニメ化 OP主題歌は「LUNA SEA」が担当

ニュース 2019年2月25日(月)20:30

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」全13話でTVアニメ化 OP主題歌は「LUNA SEA」が担当

(C)創通・サンライズ

イメージを拡大

2015~18年に全6話で劇場上映された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を再編集したテレビアニメ版が、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」として放送されることが決まった。テレビアニメ版はオープニング&エンディングを新たに全13話で構成されており、NHK総合テレビで4月29日深夜12時35分から放送を開始する。

テレビアニメ化にあたり、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」総合音楽プロデューサーで、ガンダムファンとしても知られるロックバンド「LUNA SEA」のSUGIZOを招き、同バンドがすべてのオープニング主題歌を担当。第1弾オープニング主題歌は、「宇宙の詩(ソラノウタ) ~Higher and Higher~」に決定している。

今回の起用を受け「LUNA SEA」は、「シリーズ生誕40周年の記念すべき年に放送される『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』に楽曲提供できることを大変光栄に思います。ファンの皆さまと共に、この作品を精いっぱい盛り上げていきたいと思っています」と、意気込みを寄せている。

また、エンディング主題歌はSUGIZOプロデュースのもと、「ガンダム」の未来を示唆する書き下ろし新曲をはじめ、かつてのシリーズの名曲をさまざまなフィーチャリング・アーティストとのコラボレーションによるカバーも予定しているという。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、1979年に放送されたテレビアニメ「機動戦士ガンダム」でアニメーションディレクター、キャラクターデザイナーを務めた安彦良和によるコミックを、安彦自らが総監督としてアニメ化したシリーズ。2015年から“赤い彗星”の異名で恐れられるシャア・アズナブルの過去に迫る「シャア・セイラ編」を全4話、17年からは一年戦争最序盤の戦いを描いた「ルウム編」全2話が劇場上映された。

作品情報

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星 Check-in17

“赤い彗星”と呼ばれるジオン公国軍のエースパイロット『シャア・アズナブル』と、彼の妹『セイラ・マス』の運命を決定づけた悲劇の始まりと過去~2人の兄妹の流転の物語~を背景に、サイド3の実権を掌握し...

2019春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。