スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 原恵一監督作「バースデー・ワンダーランド」少女が強いまなざし放つポスター完成

ニュース 2019年2月27日(水)11:00

原恵一監督作「バースデー・ワンダーランド」少女が強いまなざし放つポスター完成

藤原啓治&矢島晶子のコメントも公開

藤原啓治&矢島晶子のコメントも公開

(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

イメージを拡大

日本を代表するアニメーション監督・原恵一の最新作「バースデー・ワンダーランド」のポスタービジュアルが公開された。

柏葉幸子氏のベストセラー「地下室からのふしぎな旅」(講談社青い鳥文庫)を映像化する本作は、骨董屋の地下室の扉から繋がる“幸せな色に満ちた不思議な世界”が舞台。自分に自信がない少女アカネ(CV:松岡茉優)が、謎めいた大錬金術師ヒポクラテス(市村正親)とその弟子ピポ(東山奈央)によって、不思議な動物や人が住むカラフルなワンダーランドに連れてこられ、色が消える事態に陥ったワンダーランドを守る救世主として“人生を変える決断”を迫られる。

ポスタービジュアルは、鮮やかな花々の間から、アカネが顔をのぞかせる様子を切り取っている。力強いまなざしを放つアカネの横には、「アカネは、幸せの色の国へ! それは失くしていた“宝物”を見つける感動の冒険――」というキャッチコピーが刻まれている。

「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」「河童のクゥと夏休み」など、“大人が泣けるアニメーション”を手がけてきた原監督。ワンダーランドから色を奪うザン・グ役の藤原啓治、ザン・グの手下ドロポ役の矢島晶子は、「クレヨンしんちゃん」シリーズなど多数の作品でタッグを組んできた原監督に深い信頼を寄せ、矢島は「原監督が魅力に感じる物語やキャラクターを私たちに見せてくれているだけなのに、その結果涙が流れるなんて本当に素敵なことですよね」と本作に太鼓判を押している。

一方の藤原も、「『オトナ帝国の逆襲』の時もでしたが、泣かせようと意図しているわけではないのに、それでも“泣けるアニメーションの名手”と言われているのは、監督の目線の優しさのおかげかなと思います。本作はこれまでの作品と同じで指示が的確で、監督のやりたいことが見えているように感じました」と話している。

「バースデー・ワンダーランド」は4月26日から全国公開。

作品情報

バースデー・ワンダーランド

バースデー・ワンダーランド Check-in3

誕生日の前日、自分に自信がないアカネの目の前に突然現れたのは、謎めいた大錬金術師の ヒポクラテスとその弟子のピポ――「私たちの世界を救って欲しいのです!」と必死でアカネに請う2 人。そしてアカネ...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。