スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ブラクロ」新主題歌アーティスト決定 OP担当の大森靖子は「限界を超えた曲が作れた」と自信

ニュース 2019年4月1日(月)21:00

「ブラクロ」新主題歌アーティスト決定 OP担当の大森靖子は「限界を超えた曲が作れた」と自信

(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

イメージを拡大

放送中のテレビアニメ「ブラッククローバー」の第7クール主題歌アーティストが決定した。オープニング主題歌「JUSTadICE」を大森靖子、エンディング主題歌「花が咲く道」をシンガーソングライター・Charmのソロユニット「THE CHARM PARK」が担当する。

今回の起用を受け、大森は「“●●は魔法”という言葉を見るたび、『使える側の人間にとってはね』とひねくれて生きてきた私も、魔法が使えないからこそアスタのように実力と努力を信じてこれからも強く立とうと思えた、大好きな作品の主題歌を歌うことができてうれしいです」と、喜びをコメント。原作を熟読して生み出した歌詞とメロディに「限界を超えた曲が作れた」と自信をのぞかせた。「THE CHARM PARK」は、「『ブラクロ』を漫画で読んだりアニメで見た時、“幼なじみ”という存在を深く考えさせてくれました。『またアイツに会える時、もっと誇らしい自分になれるように頑張ろう』という思いを込めて作曲してみました」と、楽曲に込めた思いを語っている。

同作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の田畠裕基氏による同名ファンタジー漫画のアニメ化。魔法がすべてを決める世界を舞台に、なぜか生まれつき魔法が使えないアスタと、天才的な魔法の才能を持つユノのふたりが、魔道士の頂点と言われる“魔法帝”を目指して成長する姿を描く。第7クールは4月2日放送分からスタートする。

作品情報

ブラッククローバー

ブラッククローバー Check-in35

人間は、魔神に滅ぼされるかに見えたそれを救ったのは、たった一人の魔道士だった。彼は『魔法帝』と呼ばれ、伝説になった――魔法がすべての、とある世界――。生まれながらに魔法が使えない少年アスタは、己...

2017秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。