スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 舞台「弱ペダ」新公演スタート 初座長・糠信泰州「ケイデンス上げて全力で駆け上がる」

イベント 2019年5月10日(金)12:01

舞台「弱ペダ」新公演スタート 初座長・糠信泰州「ケイデンス上げて全力で駆け上がる」

ペダステ新公演スタート

ペダステ新公演スタート

イメージを拡大

舞台「弱虫ペダル」の新作公演「新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~」のゲネプロが5月9日、東京会場となるシアター1010で行われ、キャストの糠信泰州、猪野広樹、百瀬朔、飯山裕太、林野健志、栁川瑠衣、秋葉友佑が上演前の会見に出席した。

シリーズ第13作となる今作は、総北新世代に待ち受ける、インターハイ2日目後半戦の激闘を描く。今作は一部キャストが新たにされ、主人公・小野田坂道役の糠信、巻島裕介役の栁川、東堂尽八役の秋葉、水田信行役の阿部大地がシリーズ初参加。タイトルとかけて「リミットを解除する瞬間」を問われると、坂道役の糠信は「今まさに、この瞬間もそうでして。今回『弱虫ペダル』の舞台に立たせていただいて、初舞台・初座長ということで、まさに今、自分の経験したことのない未知の世界を歩いています」と緊張の面持ちで語り、「これまでたくさんの偉大な先輩方が築きあげてきたものがあり、それを僕も次につなげていかなくてはいけないので、小野田坂道という役を大切にして、坂道として全力で走って、千秋楽までやりきりたいと思っています」と闘志を燃やした。

今作はインターハイ2日目後半戦を描く

今作はインターハイ2日目後半戦を描く

イメージを拡大

一方の秋葉も、「初めて出させていただくのですが、走るための体力や足の疲労を稽古場でリミットブレイクできた」「作品を盛り上げるために全力で走っていきたい」と意欲満々。栁川は「毎シーン、全部が熱くて楽しい。どのシーンも見逃せない」と太鼓判を押し、今泉俊輔役の猪野は「今作はエース同士が戦うのですが、それぞれの“走らなきゃいけない理由”に注目していただければ」とアピールした。

今作も多数のドラマが巻き起こるため、鳴子章吉役の百瀬は「前作では、鳴子がチームを置いて1人で先頭集団に追いすがっていくところで終わりました。そこからの展開がすごく熱く、鳴子自身も熱いと思うのでそこを見ていただけたら」と話し、新開悠人役の飯山は「新開悠人としてどう成長し、兄・隼人へのへのコンプレックスをどう乗りこえていくか」とキャラクターの成長に期待を寄せる。御堂筋翔役の林野は、「御堂筋としては、削って削って進化を求める、その先のゴールがどういう結果を迎えるかを楽しんでいただけたら」と話した。

さらにゲネプロ終演後、熱量冷めやらぬステージで最後の挨拶を任された座長・糠信は、「最終日まで、ケイデンスを上げて全力で駆け上がっていきます!」と宣言し、10日から幕開けする舞台の成功を祈っていた。「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除~」は、東京公演がシアター1010で19年5月10~19日、大阪公演が浪切ホールで5月25、26日に上演される。

作品情報

弱虫ペダル

弱虫ペダル Check-in9

千葉県にある総北高校に通う小野田坂道はちょっと気弱でアニメが大好きな高校一年生。坂道は高校に入ったらアニメ研究会に入部しようとしていたが、中学自転車界で名を馳せた今泉俊輔や、関西の自転車大会で賞...

2013秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ペダステ新公演スタート
  • 今作はインターハイ2日目後半戦を描く

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。