スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「BEM」OP主題歌を坂本真綾、EDをJUNNAが担当 斉藤壮馬ら追加キャストも発表

ニュース 2019年5月31日(金)20:30

「BEM」OP主題歌を坂本真綾、EDをJUNNAが担当 斉藤壮馬ら追加キャストも発表

(C) ADK EM/ BEM 製作委員会

イメージを拡大

「妖怪人間ベム」の50周年を記念して制作される、完全新作テレビシリーズ「BEM」の主題歌アーティストが発表された。オープニング主題歌「宇宙の記憶」は、“謎の女”役で出演する坂本真綾が歌い、作詞・作曲・編曲を椎名林檎が手がける。演奏は、本編に音楽として参加する「SOIL&"PIMP"SESSIONS」が担う。

エンディング主題歌「イルイミ」は、「賭ケグルイ××」のJUNNAが担当。作詞・作曲・編曲として、ロックバンド「Dragon Ash」のkjこと降谷建志が参加する。CDは「宇宙の記憶」「イルイミ」ともに7月24日に発売され、価格は各1512円(税込み)。

同作の物語は、富が集まる“アッパータウン”と、犯罪があふれる“アウトサイド”からなる、湾港都市・リブラシティが舞台。悪を倒すことで人間になることを目指すベム、社会に溶け込むことで人間を理解しようとするベラ、人間や世間に対して達観し、ゲームに没頭するベロら、3人の妖怪人間たちは、若き女性刑事ソニアと遭遇する。一方“謎の女”は、街を影から操る「見えざる議会」を動かし、妖怪人間たちを捕獲しようと目論んでいた……。

(C) ADK EM/ BEM 製作委員会

イメージを拡大

キャストも追加発表された。ベラが通うハイスクールの同級生であるロディを西山宏太朗、アッパータウンの政治家秘書の息子で、数々のゲーム大会で優勝した腕前を持つダリルを斉藤壮馬、アウトサイドの外科医で、人間をやめたい者や、心に傷を持つ者に、異能の力を与える改造手術を施すDr.リサイクルを諏訪部順一、妖怪人間を捕獲すべくアウトサイド18分署に赴任してきた刑事・フェルトを小野大輔が演じる。

主題歌「宇宙の記憶」と「イルイミ」が流れるプロモーションビデオも公開。シリーズの代名詞ともいうべきキャッチコピー「はやく人間になりたい」も登場する、妖怪人間たちの葛藤を描く内容で、ロディ、ダリルら新キャラクター4人も紹介されている。

さらに、同作の放送日程も明らかになった。7月7日深夜1時35分からテレビ東京、テレビ愛知、翌8日深夜1時5分からテレビ大阪でスタートする。

作品情報

BEM

BEM Check-in1

湾港都市「リブラシティ」。 政治・経済・文化の中心であり、街の“富”が結集した「アッパーサイド」と、汚職や犯罪に溢れ、人々がお互いを疑い合わざるを得ない「アウドサイド」、その両エリアを分かつ巨大...

2019夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。