スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 高橋李依&梶裕貴「からかい上手の高木さん2」胸キュンポイント 西片のクリティカル率がアップ?

インタビュー 2019年7月4日(木)19:00

高橋李依&梶裕貴「からかい上手の高木さん2」胸キュンポイント 西片のクリティカル率がアップ?

(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

イメージを拡大

山本崇一朗氏が「ゲッサン」で連載中の青春コメディ漫画が原作のテレビアニメ第2期「からかい上手の高木さん2」の放送が、7月7日からスタートする。、いつも西片をからかうヒロイン・高木さんと、あの手この手を使い高木さんをからかい返そうとする中学生男子の主人公・西片が繰り広げる微笑ましい青春模様は、彼らが2年生に進級しても続いていく。高木さん役の高橋李依と、西片役の梶裕貴に、アフレコでのエピソードや本作の胸キュンポイントについて語ってもらった。

――「からかい上手の高木さん2」の放送開始が、いよいよ間近に迫ってきました。

高橋:十分に期待していただいていいんじゃないかなって思っています。

梶:「いつかは第2期をやれるはず!」と信じていた素敵な作品でしたから、こうして収録がはじまり、間もなく放送されるということは、僕らはもちろん、みなさんも喜んでくださるのではないかと。僕らもまだ完成したフィルムを見ていないので(※取材時)、どのようなかたちに仕上がっているのか楽しみです。

高橋:もしかすると、私たちもオンエアで初めて完成形を確認することになるのかも知れません。ワクワクしているのは、みなさんと同じですね。

梶:とはいえ制作はとても順調に進んでいて、第1話については収録開始時に絵がほとんどできあがっていたんです。「あとは声と音楽が付けば完成」という状態で、とてもありがたい環境でアフレコさせていただきました。随所にお芝居のヒントが散りばめられているので、とても演じやすかったです。もちろん、ほぼ完成しているものに声を吹き込むことならではの大変さもあるのですが(笑)。

――高木さんと西片を演じていて、“楽しい”と思うのはどんな瞬間ですか。

高橋:「高木さん」は、アフレコからすごく楽しいんです。放送を待っているときも楽しいんですが、つくっているときもなんですよね。

梶:キャストもスタッフも、みなさん作品への大きな愛情を持っているので、収録現場の居心地もいいんです。役者は基本的に、事前にお芝居のプランを立ててから収録に臨むものですが、本作では高橋さんはじめ、キャストのみなさんとのやり取りのなかで、自分でも思ってもみなかったような音やお芝居がでてきます。もちろん、ほかの作品でもおこりえることですが「高木さん」の現場では、それがとても顕著です。自分だけでは組み立てられない作品であり、西片というキャラクターについてもそうだなと思います。

高橋:私も予習はしていくのですが、現場で掛け合いをしていくなかで「これでは、高木さんじゃないな」と思うこともあって、それをすり合わせていく。私たちはあくまで“声の素材”を提供する立場なので、「キャラクターを自分ひとりで作っている」と思ったことはないのですが、「高木さん」の現場では特にそれを実感します。みんなで“高木さん像”を持ち寄り、西片(梶さん)とのやり取りのなかで、それをかたちにしていく。高木さんは、アフレコ現場で生まれている感じがとてもします。

――本日の収録をモニターで見学させていただきましたが、高橋さんが言った「ガッツリ」という言葉に対して、「高木さんは、“ガッツリ”とは言わない」という話をされていました。

高橋:そうなんです。高木さんのキャラクターと、高橋個人の人間性とはけっこう離れているので。

梶:ついつい色気が出過ぎちゃうもんね。

高橋:意識的にとめないとあふれ出ちゃうんですよ(笑)。

梶:(笑)。我々演者のトライを快く受けとめて、試させてくださる懐の広さをもった現場なんです。こちらから「こんな感じはどうでしょう」と提案させていただくこともありますし、その分スタッフのみなさんからのオーダーもたくさんいただきます。キャスト、スタッフが一緒にベストなかたちを模索していく、とてもクリエイティブな空気のなかで作品を育てています。

(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

イメージを拡大

――第1期を振り返って、今思い返してもニヤニヤしてしまうようなエピソードはありますか。

梶:いち視聴者の立場としては、第11話の「クリティカル」ですね。いつも飄々(ひょうひょう)として見える高木さんの、普段は見られない表情、心の動きを垣間見ることができたのがたまらなかったですね。同じように、テレビ放送分のラストを飾った「席替え」も大好きです。高木さんは大人っぽい印象がありますが、両エピソードでは、めずらしく等身大の女子中学生の機微が感じられてキュンとしてしまいました。でも、どちらも西片はそれを見ていないので……我々視聴者の特権なんですよね。

高橋:わかる……! 実は一本とっているのに、西片は気恥ずかしくなって先に帰っちゃったりするから。

梶:だから西片は、ずっと高木さんに負けてばかりだと思っている。西片が高木さんに勝ちたいなら、実は素直に思ったことを言うのが最強のカードなはずなんですけどね。へたくそなのに、とり繕おうとするから一杯食わされてしまう(笑)。

高橋:そうなんですよね。でも高木さんは、西片のそういうところも好きだから。

梶:そこが、この作品のとても大事なところですよね。「高木さんは西片のことが好き」ということが伝わってくる瞬間が、随所に散りばめられている。だから僕たちも高木さんのことを好きになるし、西片のこともかわいいなって思えるんです。ふたりとも応援してあげたくなりますよね。原作者の山本崇一朗先生は、よくぞこのシステムを生み出してくださったなと感服しております。「誰も傷つかない、ただただ胸キュンがある世界を、本当にありがとうございます」と言いたいです(笑)。

高橋:私も「クリティカル」と「席替え」が大好きなんですが、先に言われてしまいました。梶さんに全面的に同意です(笑)。あと、西片が高木さんをちゃんと女の子扱いしてくれるところもいいですよね。いつも勝ち負けにこだわっている西片ですが、高木さんがグッと顔を寄せると、ちゃんと照れてくれる。第4話の「逆上がり」でも「女の子のスカートの中を見ちゃいけない」って思ってくれていて……。

梶:意外と正義感が強くて、男らしいところがあるんだよね。

高橋:紳士なんですよ。私は、西片のそういうところが、とてもかっこいいと思います。

(C) 2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会

イメージを拡大

――第1期のエンディング主題歌では、高橋さんが高木さんとしてJ-POPの名曲を多数カバーし、アルバム「Cover Song Collection」もリリースされました。特にお気に入りの楽曲はありますか。

高橋:どれも大好きなのですが、シーンに合わせて歌えたなと思っているのは、第12話の「出逢った頃のように」です。レコーディング前に、高木さんが足をバタバタさせているところで「My Love is~」って流れますと聞いていたので、そういう気分で“My Love”しました。

梶:“My Love”した(笑)。

高橋:エンディング主題歌は全曲、高木さんがカラオケで歌っているのをイメージしています。普通のキャラクターソングとはちょっと違っていて、歌詞を全部自分のものにしようという感じではないんです。

梶:元々の曲としては、大人の恋愛の世界観だものね。みんなで行ったカラオケで、高木さんがこっそり西片に向けて歌ってくれていたのかなと、そんなシチュエーションが想像できます。

高橋:そうそう。歌の途中……「AM11:00」の「でも君が好き」のところで、西片とバチッと視線が合ったりする。そういうつもりで歌いました。

梶:でも当の西片は、高尾(CV:岡本信彦)たちと「お前そんなの歌うのかよ!」なんてワイワイやっていて、それを見ていない可能性はありますね。

高橋:ひどすぎる!(笑)

梶:男子中学生なんてそんなもんだよ(笑)。

高橋:「AM11:00」の“高木ラップ”は、そんな西片への意外性アピールですよ。「高木さんラップやるんだ」と驚かせて、引きつけようと思って。

梶:そんな理由?(笑)

高橋:そして、そこからの「でも君が好き」で落とす。あくまで、高橋のシナリオですが(笑)。ファンのみなさまにも、高木さんとカラオケに行っているように感じていただけていたらうれしいですね。そんななかでも「あの時のハンカチ」を思い出しながら歌ったのが「出逢った頃のように」だと思ってください。

梶:そこまで考えて、高木さんとして歌っているのがさすが……。高橋さんは、本当にまじめな役者さんだなと思います。でも、確かに“高木ラップ”には、僕もビックリしました。「AM11:00」に限らず、第1期のエンディング主題歌の楽曲チョイスは僕の世代にピッタリだったので、どの曲も心に刺さるんですよね。
 僕個人としては、第1話の「気まぐれロマンティック」もお気に入りです。第1話って、以降のお芝居の方向性を客観的に再検討する意味もあって、何度も繰り返し見てしまうんです。そうした理由も手伝って“高木さん=気まぐれロマンティック”みたいなイメージが勝手にありますね。……もしかしたら、第2期でも、高木さんが歌うエンディング、期待してもいいのかな?

高橋:どうでしょう、うふふ(笑)。

作品情報

からかい上手の高木さん2

からかい上手の高木さん2 Check-in68

とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。高木さんをからかい返そうと策を練るも、いつも高木さんに見透かされてしまう。季節はめぐり2年生に進級した西片は、今度こ...

2019夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。