スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」予告CMショートアニメ「マギレポ劇場」公開

ニュース 2019年7月13日(土)22:00

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」予告CMショートアニメ「マギレポ劇場」公開

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

イメージを拡大

テレビアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の予告CMショートアニメ「マギレポ劇場」のオンエアが、MBSほかで再放送中の「魔法少女まどか☆マギカ」内でスタートした。

「マギレポ劇場」は、ゲームアプリ「マギアレコード」の公式宣伝漫画「マギア☆レポート」を手がけるPAPA氏による描き下ろし4コマを使用した全12話の特別CMで、アプリ版公式TwitterやYouTubeのアニプレックスチャンネルなどでも配信される。第1話では「マギアレコード」の主人公・環(たまき)いろは(CV:麻倉もも)がアニメ版「マギアレコード」第1話の上映会の会場に足を運ぶが、そこで行われていたのは……という内容だ。

「マギアレコード」は、自身の願いをかなえることと引き換えに、人々を脅かす“魔女”と戦う“魔法少女”になった女の子たちの運命を描く「まどか☆マギカ」のスピンオフ作品で、妹の環ういを守るために魔法少女になったいろはが、七海やちよ(雨宮天)をはじめとする「チームみかづき荘」の仲間たちとともに魔女の脅威に立ち向かっていく。17年にサービスを開始したゲームアプリ版には、鹿目(かなめ)まどから「まどか☆マギカ」本編のメインキャラクターや、「魔法少女おりこ☆マギカ」や「魔法少女すずね☆マギカ」といったスピンオフ作品のキャラクターも多数登場している。

また、ゲーム版には「まどか☆マギカ」本編のオリジナルスタッフが再集結。本編でキャラクター原案を務めた漫画家の蒼樹うめ氏が総勢10人以上の魔法少女を描き下ろしており、魔女監修を劇団イヌカレー(泥犬)、アニメーションの制作をシャフトが担当している。19年放送開始予定のテレビアニメ版「マギアレコード」にも、キャラクター原案として蒼樹氏、アニメーション制作としてシャフトが名前を連ねており、アニメ版公式サイトではティザープロモーションビデオ2本が公開中。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。