スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 人気声優の梶裕貴、グダグダトークで沢城みゆきから「バカなの?」痛烈ダメ出し

ニュース 2019年7月31日(水)22:00

人気声優の梶裕貴、グダグダトークで沢城みゆきから「バカなの?」痛烈ダメ出し

佐藤栞里の誕生日をお祝い

佐藤栞里の誕生日をお祝い

イメージを拡大

「ミニオンズ」「SING シング」のイルミネーション・エンタテインメントが手がける人気シリーズ第2弾「ペット2」の公開記念舞台挨拶が7月27日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた。

舞台挨拶には日本語版声優を務める設楽統(マックス役)、日村勇紀(デューク役)、佐藤栞里(ケイティ役)、永作博美(クロエ役)、伊藤沙莉(デイジー役)、内藤剛志(ルースター役)、宮野真守(セルゲイ役)、梶裕貴(ノーマン役)、沢城みゆき(ギジェット役)、中尾隆聖(スノーボール役)が勢ぞろい。映画公開の喜びや、夏休みの思い出などを語り合い、ステージ上で盛り上がっていた。

この日、“いじられ役”として活躍したのが人気声優の梶で、まずは宮野から「今日は大先輩の隆聖さん、大好きな沢城さんと舞台挨拶できる喜びを噛みしめています。あと、梶くんもいて(笑)」と先制パンチ。続いて、梶が学生時代の部活について“グダグダトーク”を繰り広げると、沢城からは「梶くん、バカなの?」と痛烈ダメ出し。大御所の中尾は「じゃあ、僕の話は巻きますね」と話を長引かせた梶を優しくフォローした。

また、この日、29歳の誕生日を迎えた佐藤に、特製のバースデーケーキをサプライズでプレゼントする粋な演出も。佐藤は瞳を潤ませながら、「この日に生まれて、良かったです。大好きな皆さん、優しいお客様に祝っていただき、一生の思い出です」と感極まっていた。

個性的なペットたちが、飼い主がいない間に大騒動を巻き起こす。監督は前作「ペット」や「怪盗グルー」シリーズを手がけてきたクリス・ルノー。7月26日に366スクリーンで封切られ、世界で唯一、日本だけで短編アニメーション「ミニオンのキャンプで爆笑大バトル」が同時上映されている。

映画のことなら映画.com

フォトギャラリー

  • 佐藤栞里の誕生日をお祝い

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。