スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 仏実写「シティーハンター」11月に日本公開 原作・北条司氏「脚本が原作に忠実」と太鼓判

ニュース 2019年8月17日(土)08:00

仏実写「シティーハンター」11月に日本公開 原作・北条司氏「脚本が原作に忠実」と太鼓判

日本版ティザービジュアル・特報も公開!

日本版ティザービジュアル・特報も公開!

(C) AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

イメージを拡大

大ヒット漫画「シティーハンター」をフランスで実写映画化した「ニッキー・ラルソン」こと「Nicky Larson et le Parfum de Cupidon」が、11月に全国公開されることが発表された。邦題は「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」に決定し、日本版ティザービジュアルと特報映像も披露されている。

同作は、「世界の果てまでヒャッハー!!」のフィリップ・ラショーが監督・主演をつとめ、2月公開のフランスでは168万人を動員。日本では、20年ぶりのアニメ版「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」が同時期に公開され興行収入15億円超えのヒットを記録しており、ファンの間では仏実写版の日本公開が待望されていた。

「シティーハンター」の大ファンであるラショー監督が直筆の手紙をそえて企画書とプロットを原作者・北条司氏のもとに送り、北条氏がそのプロットを気に入ったことから映像化が本格的にスタート。ラショー監督は、「北条先生から、脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかったと言ってもらった。最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ!」と当時を振り返り、日本のファンに向けて「こんなにも早く日本の皆さんに見てもらえる日がやってくるなんて! お手柔らかに!」とコメントしている。

特報映像(https://youtu.be/gPQwOQ5VRsY)では、「新宿プライベート・アイズ」でもエンディングを飾ったTM NETWORKの「Get Wild」をバックに、ラショー監督が演じるリョウと香(エロディ・フォンタン)の姿とともに、リョウが香のスカートの中から銃を取り出して撃つというシーンが映し出される。

「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」は、TOHOシネマズ日比谷ほかで11月全国公開。

作品情報

シティーハンター

シティーハンター Check-in2

冴羽獠は親友の槙村と組み、都会の悪を掃除するスイーパーである。しかし、獠の女好きの性格のため、請け負う事件はすべて女がらみで、女性のボディガードをはじめ、恋人を殺された女性からの復讐の依頼や、麻...

1987春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。