スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 宮沢りえ、再び「ぼくらの7日間戦争」へ アニメ版に30年後の中山ひとみ役でカムバック

ニュース 2019年9月30日(月)12:00

宮沢りえ、再び「ぼくらの7日間戦争」へ アニメ版に30年後の中山ひとみ役でカムバック

イメージを拡大

女優の宮沢りえが、劇場アニメ「ぼくらの7日間戦争」に声優として出演することがわかった。1988年に公開された実写映画「ぼくらの七日間戦争」で女優デビュー&初主演を果たした宮沢の今回の役どころは、実写映画版で演じた中山ひとみの約30年後となる。

「ぼくらの7日間戦争」は、1985年からシリーズ出版が続き累計発行部数が2000万部を突破している宗田理氏の小説「ぼくらの七日間戦争」が原作。少年少女たちの七日間戦争から約30年の時が流れた北海道を舞台に、いつも本ばかり読んでいる少年・鈴原守と、幼なじみの千代野綾が仲間たちとともに廃工場を秘密基地として、大人たちから隠れるためにキャンプを始める。そこで隠れていたタイ人の子どもと出会ったことをきっかけに、武装した入国管理局の職員たちと対峙する事態へ発展してしまう。

村野佑太監督は「原作でも映画でも、大人達はインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか……それは脚本段階からの一番の関心ごとでした」と宮沢の起用について明かしており、「快諾してくださった宮沢さんは、実写とアニメの垣根を越えて、時代を越えて、中山ひとみとしてスクリーンに戻ってきます。時代が変わり子ども達を囲む環境に変化が訪れたとしても、きっと変わらぬ何かがあるはず――決して色褪せない永遠の少女像である中山ひとみは、それを誰よりも説得力のある言葉で伝えてくれます。そしてそれこそが、『7日間戦争』から『七日間戦争』へ贈る最大限の敬意になると考えています」とコメントしている。

「ぼくらの7日間戦争」は、12月13日から全国ロードショー。

作品情報

ぼくらの7日間戦争

ぼくらの7日間戦争 Check-in4

いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守。話し相手といえば、同じ歴史マニアが集うチャットのメンバー。「青春時代は、人生の解放区よ」。平均年齢還暦越えと思われるその場所で、今日もメンバーの一人が、...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。