スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「なかよし」65周年記念の原画展開催 「リボンの騎士」「セーラームーン」などの原画250点以上

イベント 2019年10月6日(日)12:00

「なかよし」65周年記念の原画展開催 「リボンの騎士」「セーラームーン」などの原画250点以上

「なかよし」創刊65周年記念の原画展スタート

「なかよし」創刊65周年記念の原画展スタート

(C)秋元奈美/講談社 (C)あさぎり夕/講談社 (C)あべゆりこ/講談社 (C)安野モヨコ/コルク
(C)征海未亜・吉田玲子/講談社 (C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
(C)たかなししずえ・雪室俊一/講談社 (C)Naoko Takeuchi
(C)立川恵/講談社 (C)手塚プロダクション (C)猫部ねこ/講談社 (C)PEACH-PIT/講談社

イメージを拡大

少女漫画雑誌「なかよし」(講談社刊)の65周年記念の原画展が、10月4日から東京・弥生美術館でスタートしている。

本展は、「リボンの騎士」「妖鬼妃伝」「なな色マジック」「美少女戦士セーラームーン」「きんぎょ注意報!」「魔法騎士レイアース」などの名作から、「カードキャプターさくら クリアカード編」「シュガシュガルーン」 「しゅごキャラ!」など近年のヒット作まで、同誌の65年の歴史を彩ってきた人気作の原画250点以上が一挙に集結。さらに、昨年逝去した漫画家あさぎり夕さんの追悼コーナー、「怪盗セイント・テール」「東京ミュウミュウ」の付録展示、現在の連載陣を紹介するコーナーも設置される。

会期は10月4日~12月25日で、月曜は休館(ただし10月14日、11月4日は開館、10月15日、11月15日は休館)。前・中・後期の3期展示で、会場構成、出展作家は変わらず、原画のみが入れ替わる。料金は一般が900円、大・高生が800円、中・小生が400円。また、本展の展示原画を収録したスペシャル図録「なかよしArt Book」も発売されており、オールカラーで価格は3000円(税別)。

イベント情報・チケット情報

講談社『なかよし』創刊65周年記念 原画展 Check-in1
開催日
2019年10月4日(金)
場所
弥生美術館(東京都)

フォトギャラリー

  • 「なかよし」創刊65周年記念の原画展スタート

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。