スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ガンダムW」特別篇、新訳「Zガンダム」など最新システムで上映 「映像新体験TOUR」第2弾発表

イベント 2019年11月14日(木)20:00

「ガンダムW」特別篇、新訳「Zガンダム」など最新システムで上映 「映像新体験TOUR」第2弾発表

(C) 創通・サンライズ

イメージを拡大

「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として展開中の、さまざまな最新上映システムで「機動戦士ガンダム」シリーズの劇場作品を中心に上映する「ガンダム映像新体験TOUR」から、第2弾ラインナップが発表された。

鮮やかな色彩を表現するドルビービジョンと、最大64チャンネルのスピーカーでリアリティある音響を実現する「DOLBY CINEMA」で上映されるのは、新規マスター素材による「劇場版 機動戦士ガンダム」「哀・戦士」「めぐりあい宇宙」の3部作。2020年1月16~30日にMOVIXさいたま、ミッドランドスクエアシネマ、梅田ブルク7、 T・ジョイ博多で、1月24日~2月6日に丸の内ピカデリーで実施される。チケットは各1800円から。

イオンシネマ全11館では、天井にまで迫る大型のシルバー・スクリーンと、クリアなサウンドで、映画の中に入り込んだような体験ができる「ULTIRA」を使用。1月17~23日に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」と「Ⅱ 哀しみのアルテイシア」が上映、2月7~20日には「機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション 遥かなる暁 HDリマスター」が初公開される。チケットは「THE ORIGIN」が1500円、「ガンダムSEED」が1800円。

TOHOシネマズ全12館では、巨大スクリーンを用い、内装をダークカラーで統一することで光の反射を低減し、没入感を高めた「TCX」での上映が行われる。1月10~16日の「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇」に加え、2月7~11日の「機動戦士Zガンダム A New Translation 星を継ぐ者」、2月12~15日の「恋人たち」、2月16~20日の「星の鼓動は愛」の3部作がラインナップされている。チケットは各1900円。

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。