スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 近づくクライマックス――梶裕貴「PSYCHO-PASS サイコパス」への憧れと新主人公として見た“景色” > (2)

インタビュー 2019年12月5日(木)19:00

近づくクライマックス――梶裕貴「PSYCHO-PASS サイコパス」への憧れと新主人公として見た“景色” (2)

狡噛、宜野座らの登場でうずく“PSYCHO-PASS愛”
気になるのは灼と常守の関係

――本シリーズのファンを公言されていますが、狡噛慎也、宜野座伸元、六合塚弥生ら元刑事課一係のメンバーとの“共演”はいかがでしたか。

狡噛は外務省海外調査局行動課に所属

狡噛は外務省海外調査局行動課に所属

(C)サイコパス製作委員会

イメージを拡大

演じているキャストの皆さんは、声優としても先輩ですし「PSYCHO-PASS サイコパス」歴においても先輩なので、もはや僕はいちファンみたいな感じですね。ミーハーなことを言うと「ついに登場した! 会話しちゃった!!」みたいな気持ちもあります(笑)。もちろんお芝居をする時は違いますけどね(笑)。先輩方が築いてきた時代があり、それが今の「PSYCHO-PASS サイコパス3」の世界観につながっているので、「この方々が来たら安心する」というような、圧倒的な存在感を感じました。

――シリーズへの熱い思いが伝わってきますが、今作への出演が決まった際、一番からみたかったキャラクターは誰ですか?

常守と灼、「2人の間に何があったのか」

常守と灼、「2人の間に何があったのか」

(C)サイコパス製作委員会

イメージを拡大

(熟考しながら)それは難しいですね……(笑)。狡噛さんはずっとかっこいいなと憧れていたキャラクターなのにもかかわらず、スピンオフ劇場三部作「Sinners of the System」を途中まで見ている段階では「もう会えることはないのかな」と残念に思っていたので…まさかの日本に帰ってくるという展開になり、早い段階で(灼として作中で)合流できたのは本当にうれしかったですね。今後の展開という意味でいうと、灼は常守監視官の推薦で一係に入ったので、「2人の間に何があったのか」という点はとても気になります。

――常守と狡噛といえば、まさに一期、二期を担ってきたキャラクターですね。梶さんが思う2人の魅力はどこでしょうか。

朱ちゃんについては、彼女がいたから、この世界は変わってきていると言えるのではないでしょうか。狡噛さんは、もともと人間臭い人でしたが、「Sinners of the System」でいろいろなことを経験するなかで、「人が人として生きていくうえで、自分に何ができるのか」みたいなことを、これまで以上に考えているように見えました。そんな彼らと、今の一係のメンバーが会ったら、どのような爆発力が生まれるのか。成長した朱ちゃんと灼が作中で出会ったら何が生まれるのか。シビュラシステムをぶち壊すほどの何かが生まれるのか……というところは気になります。あとは、宜野座さんと霜月さんの絡みももっと見たいですね(笑)。

「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの“未来”への期待

――メインキャラクター、日本を取り巻く状況など大きな変化を遂げた今作ですが、梶さんが思う中盤以降の見どころはどこでしょうか。

シリーズの中心にあるのは「やはり人間」

シリーズの中心にあるのは「やはり人間」

(C)サイコパス製作委員会

イメージを拡大

宗教色が強くなっていきます。「PSYCHO-PASS サイコパス 3」から大きく変わったことといえば、やはり日本が鎖国をやめたことです。そこから、それまでの日本にはなかった宗教や文化が入ってきて、そこに政治もからんできます。テレビシリーズのアニメーションで、そういった重い題材を描くことはなかなかないと思うので、そこに踏み込むのも「PSYCHO-PASS サイコパス」ならではだなと感じています。

――確かに、ストーリーが進むほどに、宗教や政治といった要素が色濃くなっていきますね。そういった意味で、今作を形作る “中心的要素”はなんだと思われますか。

やはり人間。「人間」でしかないと思います。結局、訴えていることはシンプルで「人が人らしく在るためには」ということではないでしょうか。そもそもシビュラというシステムも人間が作り、それに従うのも人間、鎖国をやめたのも人間、入ってくる移民も人間だし、そこから生じる問題も人間同士のいざこざです。本シリーズは、本当に現代社会を風刺しているなと思いますね。でも人間が関わっている以上、シビュラシステムが本当の意味で「完成」することはないんじゃないかなとも思うんです。そう考えると…いち視聴者としては今後の展開がすごく楽しみですが、少し悲しい気持ちにもなります。

――最終話へと近づいていることもあり、「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズに待ち受ける“未来”、しいてはシビュラシステムの“未来”がどうなるのか気になるところです。
「Sinners of the System」の公開時に、関智一さんと野島健児さんに「シリーズ全体において、『Sinners of the System』はどういう位置付けの作品か」とうかがったところ、「大きな歯車が動き出した」とおっしゃっていました。梶さんは、今回シリーズ最新作「PSYCHO-PASS サイコパス3」に出演されて、「未来へと向かうための歯車が動き出した」というような感覚はありますか。

「PSYCHO-PASS サイコパス」の“未来”には何がある――?

「PSYCHO-PASS サイコパス」の“未来”には何がある――?

(C)サイコパス製作委員会

イメージを拡大

今期から参加していることもあり、僕自身はまだそういった感覚はありませんが、シリーズ初期から演じてこられた皆さんからすると「また違う場所で、新たな歯車が動き出した」という感慨深い思いがあるのではないでしょうか。一係のオリジナルメンバーの時代から時を経て、後継として現メンバーの一係が誕生しました。鎖国によって、これまで規制されてきたものが解除された今、それぞれがそれぞれの役割のなかで「この社会の平和をどう守っていくのか」という思いを抱えています。そう考えると、今回のテレビシリーズは全8話ですが、シリーズのいちファンとしては「まだまだ助走にすぎないのではないか」「大きな歯車が動き出し、これからもっともっと大きな物語になっていくのではないか」という期待があります。

アニメハック公式Twitter、フォロー&RTプレゼントキャンペーン
<賞品>
梶裕貴さんサイン色紙、1名様
<応募期間>
2019年12月5日~2020年1月5日23:59まで
<応募方法>
1.アニメハック公式Twitterをフォロー。
2.公式Twitterがツイートした、プレゼント告知のツイートをRT(リツイート)。キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。
対象ツイートはこちら⇒https://twitter.com/animehackcom/status/1202529323791659008
3.当選された方には、キャンペーン終了後、公式twitterアカウントからDM(ダイレクトメッセージ)をお送りします。

1 2 次のページへ

作品情報

PSYCHO-PASS サイコパス 3

PSYCHO-PASS サイコパス 3 Check-in69

「正義」は、新たな世界を切り開く。魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。シビュラシステムの導入後、日本は海外との交流を断ち、長らく事実上の鎖国状態...

2019秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 残すは……あと2話! 梶裕貴は何を語る?
  • 常守と灼、「2人の間に何があったのか」
  • 狡噛は外務省海外調査局行動課に所属

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。