スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「美術手帖」アニメ特集号発売 片渕須直、岩井俊二、たつき、磯光雄らが語るアニメーションの創造力

商品情報 2020年1月12日(日)12:00

「美術手帖」アニメ特集号発売 片渕須直、岩井俊二、たつき、磯光雄らが語るアニメーションの創造力

イメージを拡大

2010年代のアニメーションを特集した「美術手帖」2月号が1月7日に発売された。

同誌では、特集「アニメーションの創造力 2010年代のアニメ史における革新とは何か?」を収録。「新千歳空港国際アニメーション映画祭」フェスティバル・ディレクターの土居伸彰氏と、「アニメ制作者の方法――21世紀のアニメ表現論入門」の著者である高瀬康司氏が監修を担当している。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が公開中の片渕須直、劇場アニメ「花とアリス殺人事件」を手がけたこともある岩井俊二、「けものフレンズ」「ケムリクサ」監督のたつきへのインタビュー、作画から撮影まで手がけるアニメーター・監督の磯光雄と山下清悟による対談、「Fate/Grand Order」配信4周年記念映像の制作スタッフ(榎戸駿、坂詰嵩仁、脇顯太朗、川上雄介)、「音楽」監督の岩井澤健治、「ポプテピピック」のAC部、Netflix映画として配信されているフランスアニメ「失くした体」のジェレミー・クラパン、アメリカのインディペンデントアニメ界を代表するドン・ハーツフェルトなど、国内外の幅広いクリエイターへの取材記事を掲載。また、布川ゆうじ(ぴえろ創業者)と柳川あかり(東映アニメーション)によるアニメプロデューサー対談なども収められている。

美術出版社から1600円(税別)で発売中。

作品情報

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

この世界の(さらにいくつもの)片隅に Check-in7

広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らし...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。