スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ブレードランナー」のデザイナー、シド・ミードさん追悼 創作の源泉に迫るドキュメンタリー、2月2日放送

ニュース 2020年1月30日(木)22:00

「ブレードランナー」のデザイナー、シド・ミードさん追悼 創作の源泉に迫るドキュメンタリー、2月2日放送

2019年12月30日に86歳で逝去した工業デザイナー、シド・ミードさん

2019年12月30日に86歳で逝去した工業デザイナー、シド・ミードさん

イメージを拡大

SF映画の金字塔「ブレードランナー」の未来都市を生み出し、2019年12月30日に86歳で逝去した工業デザイナー、シド・ミードさん。追悼の意を表し、12年に製作されたWOWOWオリジナルドキュメンタリー「ノンフィクションW ブレードランナーの世界を創った男 シド・ミードが描く2042年」が、2月2日に放送されることがわかった。

リドリー・スコット監督作「ブレードランナー」(1982)で、2019年の未来都市を手掛けたミードさん。過度な技術革新、環境汚染、人口爆発によってもたらされた暗い世界を描き出した。ミードさんのデザインは企画段階でスコット監督を驚愕させ、未来を予見していたとも言われ、後のSF映画に多大な影響を与えた。

ミードさんは、アメリカのフォード・モーター社のカーデザイナーとしてキャリアをスタート。その後「スター・トレック」「機動戦士ガンダム」「宇宙戦艦ヤマト」など映像作品に加え、シンガポールの新都市や船舶のデザインなど、様々なプロジェクトに携わってきた。

本番組では、ミードさんに「理想の未来都市」をテーマに新作イラストを依頼。100日後、グアッシュという水彩絵具を使った縦50.8センチ、横76.2センチの作品が完成した。絵を描く際に実践していると語る5ステップを通して、ミードさんの創作の源泉、思い描いた“ユートピア”の姿に迫っていく。

「ノンフィクションW ブレードランナーの世界を創った男 シド・ミードが描く2042年」は、2月2日にWOWOWライブで放送。

映画のことなら映画.com

作品情報

∀ガンダム

∀ガンダム Check-in4

正暦2343年。少年ロランは、仲間のキース・フランと共に月の世界から密かに地球に降り立った。彼は、そこで様々な出会いをし、月の女王ディアナにそっくりな少女キエルとその妹ソシエがいるハイム家に雇わ...

1999春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 2019年12月30日に86歳で逝去した工業デザイナー、シド・ミードさん

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。