スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版 SHIROBAKO」ムサニが新作の制作に挑む姿をとらえた本予告公開 主題歌音源も初披露

ニュース 2020年1月31日(金)20:00

「劇場版 SHIROBAKO」ムサニが新作の制作に挑む姿をとらえた本予告公開 主題歌音源も初披露

(C)2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

イメージを拡大

2月29日公開の「劇場版 SHIROBAKO」の本予告が公開された。同作が主人公・宮森あおい(CV:木村珠莉)たちの「今をかけた戦い」が描かれることが示唆されており、武蔵野アニメーション(ムサニ)のオリジナル作品「タイムヒポポタマス」の制作中止が決定するなか、別会社が制作する予定だった「空中強襲揚陸艦SIVA」の企画書が持ち込まれる様子が描かれている。

映像には、宮森の同僚・高梨太郎(吉野裕行)、ムサニの社長・丸川正人(高木渉)、作画監督の小笠原綸子(茅野愛衣)、ラインプロデューサーの渡辺隼(松風雅也)といったおなじみの顔ぶれに加え、劇場版新キャラクターの宮井楓(佐倉綾音)、高橋球児(田丸篤志)が登場。テレビシリーズ後半でパティシエに転職し、激やせしたはずの本田豊(西地修哉)も、かつてのような丸々とした姿を見せている。あわせて、fhánaが歌う主題歌「星をあつめて」の音源も初披露となった。

2014年10月~15年3月に放送された「SHIROBAKO」は、P.A.WORKSが架空のアニメ制作会社・ムサニを主な舞台に、新人制作進行の宮森ら、さまざまな立場でアニメ制作に携わる人々の奮闘を描いた。「劇場版 SHIROBAKO」では、テレビシリーズから4年後の物語が完全新作ストーリーで展開される。

また「SHIROBAKO」に関する画稿を募集するキャンペーンも実施中。専用のレイアウト用紙に描いた画を、Twitterに投稿することで応募できる。応募作品は制作スタッフによる審査が行われ、入賞者(合計63人)に額縁入り複製原画や、アフレコ台本などがプレゼントされる。締め切りは2月28日。

作品情報

劇場版 SHIROBAKO

劇場版 SHIROBAKO Check-in18

いつか必ず何としてでもアニメーション作品を一緒に作ろうと、ひょうたん屋のドーナツで誓いを立てた上山高校アニメーション同好会の5人。卒業後それぞれがそれぞれの場所でアニメーション制作に携わっていく...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。