スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「かくしごと」内田真礼、加藤英美里、浪川大輔らがクセの強いご近所の人々に

ニュース 2020年3月1日(日)19:00

「かくしごと」内田真礼、加藤英美里、浪川大輔らがクセの強いご近所の人々に

(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会

イメージを拡大

久米田康治氏のホームコメディ漫画をテレビアニメ化する「かくしごと」に内田真礼、加藤英美里、浪川大輔、逢田梨香子、古城門志帆、原由実の出演が決定した。いずれも主人公の後藤可久士(CV:神谷浩史)ら後藤家を取り巻く、ご近所の人々を演じる。

「月刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の原作は、ちょっと下品な作品を連載している漫画家の可久士が、娘の姫(高橋李依)に嫌われたくないあまり、漫画家であることを隠そうとして大暴走する姿を描く。

内田は、姫が通う小学校の教師で、可久士が過去に手がけた作品のファンである六條一子役を担当。内田は自身の役どころについて「勢いがあっていいですよね! 思いっきり勘違いして暴走するところも、可久士さんとすれ違う会話も、そして、先生としての顔をたまに見せてくれた時のギャップも、大好きです!」と熱弁している。

加藤は、後藤家のお手伝いさんで、インドネシア出身のナディラを演じる。加藤は「ナディラさんは不思議なキャラクターです……! イントネーションが多少おかしくても個性になり、力を抜いたしゃべりを意識して演じています。難しいキャラクターではありますが、姫ちゃんとの会話に癒されます」と収録を振り返った。

可久士が職場への着替え場所として使う、古着&セレクトショップの店主・マリオ役を任された浪川は「マリオ……。簡単に、一言で表すならば、クセが強い。邪魔にならないよう、それでいてインパクトは最大にをモットーに演じています。時に迷走しそうになりますが、原作の先生からの『おもしろい』を心の支えに振り切ってます」とコメントしている。

そのほか、逢田はアイドルを志す女子高生の千田奈留(せんだなる)、古城門は可久士が通う料理教室でクッキングアドバイザーを務める汐越羊(しおこしよう)、原は生花店の店員で、何にでも水をやりたがる城路久美(じょうろくみ)を演じる。

「かくしごと」は、4月2日からTOKYO MXほかで放送開始。

作品情報

かくしごと

かくしごと Check-in30

ちょっと下品な漫画を描いてる漫画家の後藤可久士。一人娘の小学 4 年生の姫。可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないこと。それは......。自分の仕事が...

2020春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ナディラ
  • マリオ
  • 汐越羊
  • 城路久美
  • 千田奈留
  • 六條一子

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。