スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「MARS RED」栗栖秀太郎役に畠中祐 朗読劇から諏訪部順一、石田彰、鈴村健一が出演

ニュース 2020年3月4日(水)18:00

「MARS RED」栗栖秀太郎役に畠中祐 朗読劇から諏訪部順一、石田彰、鈴村健一が出演

(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会

イメージを拡大

藤沢文翁氏の音楽朗読劇をテレビアニメ化する「MARS RED」のメインキャストが発表され、畠中祐、諏訪部順一、石田彰、鈴村健一の出演が決定した。

2013年と15年に上演された音楽朗読劇「MARS RED」は、吸血鬼(ヴァンパイア)たちが強さに応じてランク付けされている大正時代の東京を舞台に、吸血鬼を取り締まる「第十六特務隊」、通称「零機関」の実行部隊の活動を描く。17年にはスピンオフ作品「THE BLACK PRINCE」が上演され、19年11月からは「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン刊)で、朗読劇のイラストを担当した唐々煙氏による漫画版が連載中。

畠中は、国内最強クラスの吸血鬼にして「零機関」新人の栗栖秀太郎役に選ばれた。諏訪部は「零機関」を取り仕切る人類最強の前田義信大佐、石田は老いることのない脳を喜ぶマッドサイエンティストのタケウチ、鈴村は江戸時代から吸血鬼として生きながらえ続けるスワを演じる。諏訪部、石田、鈴村の3人は朗読劇版の出演経験者で、それぞれこれまでに演じたことのある役を担当する。各キャラクターの声を収録した、同作の世界観を紹介するプロモーションビデオ第1弾も公開中。

出演にあたり、畠中は「もう『人間じゃない』という重い事実に戸惑いながらも、人間らしく心を揺らし続けるそんな彼を、生き生きと演じていきたいです! すごい先輩たち、すごいスタッフさんたちに囲まれて、正直緊張しますが、精いっぱい頑張ります!」と意気込み十分。石田は「朗読劇の時からなじみのあるタケウチ役を、引き続き演じることができてうれしいです」と同じ役での続投を喜び、「今回のアニメ化では舞台で語られたこと以上の物語が盛り込まれるようなので、その点私も非常に楽しみにしています」とアニメ独自の新要素に期待を寄せた。

作品情報

MARS RED

MARS RED Check-in2

時は大正十二年、東京の夜に其の者どもは現れた。彼らは闇に紛れて人の生き血を啜る吸血鬼と呼ばれ、古の時代よりこの世界に隠れ住んでいた。それらを取り締まるべく陸軍内部に創設されたのが第十六特務隊、通...

2021アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 栗栖秀太郎(CV:畠中祐)
  • 前田義信(CV:諏訪部順一)
  • タケウチ(CV:石田彰)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

関連商品

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。