スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「BNA」ワタリアホウドリ獣人のピンガ役に浪川大輔

ニュース 2020年5月16日(土)22:00

「BNA」ワタリアホウドリ獣人のピンガ役に浪川大輔

(C) 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

イメージを拡大

TRIGGER制作のオリジナルアニメ「BNA ビー・エヌ・エー」5月20日放送の第7話「Easy Albatross」から登場するワタリアホウドリ獣人のピンガ役を、浪川大輔が担当していることが明らかになった。また、同じく第7話に登場するハヤブサ獣人・メテオールのビジュアルも公開された。

空を愛し、海や陸を越えて獣人特区「アニマシティ」にやってきた、ひょうひょうとした性格のピンガは、ひょんなことから主人公・影森みちる(CV:諸星すみれ)と出会い、元来自由であったはずの獣人たちが人権を得ることの光と闇を彼女に考えさせることになる。浪川は自身の役どころを「なかなか大人であり、行動力もあり、登場も含め、ヒーローっぽいなという印象でした。ど真ん中ストライクのようなキャラクターはなんだか久しぶりな感じで、前だけを見て演じさせていただきました」と紹介。「出番的に後ろめということもあり、できあがったチームにどうなじんで、どうアクセントになれるか、とてもワクワクしたのを覚えています」と収録を振り返った。

「リトルウィッチアカデミア」の吉成曜監督と、「プロメア」「キルラキル」の脚本家・中島かずきがタッグを組んだ同作は、ある日突然タヌキ獣人になってしまった女子高生みちるが、獣人たちが暮らすアニマシティへと向かい、人間嫌いなオオカミ獣人の大神士郎(細谷佳正)とともに、自分が獣人になった謎を追う姿を描く。Netflixでは5月6日から、ピンガらの登場回である第7話から第12話までの先行配信が行われている。

作品情報

BNA ビー・エヌ・エー

BNA ビー・エヌ・エー Check-in39

21世紀、それまで歴史の闇に隠れていた獣人達がその存在を明らかにし始めていた。普通の人間だった影森みちるは、ある日突然タヌキ獣人になってしまう。人間たちから逃れるために向かった獣人特区『アニマシ...

2020春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。