スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > Netflix「日本沈没2020」上田麗奈が演じる歩の新たな場面写真公開 「今までやってきたことを全部捨てる勢いで」

ニュース 2020年6月19日(金)20:00

Netflix「日本沈没2020」上田麗奈が演じる歩の新たな場面写真公開 「今までやってきたことを全部捨てる勢いで」

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

イメージを拡大

湯浅政明監督が手がけるNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」の新たな場面写真が、主人公の武藤歩を演じる上田麗奈のコメントとともに公開された。

同作は、SF作家の小松左京氏が1973年に発表したベストセラー小説「日本沈没」の初アニメ化。物語の舞台を2020年に変更し、陸上部の日本代表候補としてオリンピックを目指す女子中学生の歩、弟の剛、母のマリ、父の航一郎の一家4人が、大地震におそわれた東京から決死の脱出を試みる。全10話。

このほど公開された場面写真は、歩が母のマリと激しく言い争いをする姿と、老夫婦に声をかけて飲料水を譲る姿が切り取られており、極限状況のなかで生き抜こうとする彼女の強さと優しさが垣間みえるものとなっている。

イメージを拡大

歩を演じる上田からコメントも寄せられた。「私が今までやってきたことを全部捨てる勢いで、真っ白になって頑張ってみよう。そんな思いでした」と役に臨んださいの意気込みを語り、「人知りで引っ込み思案。心の中でいろんなコンプレックスが渦巻いているところは共感しました」と歩に寄りそいながら、「“思春期の歩”ならではの感情の起伏やコミュニケーションの取り方など、学生時代を思い返しながら、自分自身もどうにかあの頃の気持ちを取り戻せるよう、たくさん悩みながらもひとつひとつ頑張りました」と収録を振り返っている。

「日本沈没2020」は7月9日からNetflixで全世界独占配信される。なおNetflixでは、上田が出演する「鬼滅の刃」(栗花落カナヲ役)、「SSSS.GRIDMAN」(新条アカネ役)、「ダーウィンズゲーム」(シュカ役)、「私に天使が舞い降りた!」(星野みやこ役)なども配信中。

作品情報

日本沈没2020

日本沈没2020 Check-in12

2020年、平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は...

2020夏アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。