スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」に山寺宏一、水樹奈々ほか出演決定 高木渉の目にも涙のドラマが展開

ニュース 2020年7月31日(金)20:00

「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」に山寺宏一、水樹奈々ほか出演決定 高木渉の目にも涙のドラマが展開

(C)ADK EM/劇場版BEM製作委員会

イメージを拡大

今秋公開予定の「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」に山寺宏一、水樹奈々、高木渉、伊藤静の出演が決定した。いずれも劇場版オリジナルキャラクターを演じる。

「妖怪人間ベム」の生誕50周年を記念して、2019年に放送されたリブート作品「BEM」の劇場版。テレビシリーズから約2年後、かつて湾港都市・リブラシティで死闘を演じた“妖怪人間”たちの行方を捜し続けていた女性刑事ソニア・サマーズが、目撃情報を追ってたどり着いた製薬会社「ドラコ・ケミカル」で、妖怪人間ベム(CV:小西克幸)にうりふたつの人間ベルム・アイズバーグと遭遇する。

山寺はベルムが勤めるドラコ・ケミカルの上司マンストール、水樹はベルムのよき妻であるエマ、高木はドラコ・ケミカル社長のドラコ、伊藤はドラコの秘書であるグレタを演じる。

原作「妖怪人間ベム」を小学生の時分に「怖がりながらも夢中で観ていた」という山寺は、劇場版への出演決定を喜び、「一見さえない感じの人物ですが、とてもやりがいがありました」とマンストール役での収録を振り返った。水樹は「シリアスな内容に反して、アフレコ現場は終始和やかなムードで……今回声優初挑戦される宮田さんも参加してのガヤ録りは、とても貴重な時間でした!」と、本作でアニメ声優に初挑戦する「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉も交えたスタジオの雰囲気を伝える。高木は「劇場ならではの迫力を肌で感じながら、ドラマを存分に楽しんでいただけたら」と呼びかけ、リハーサル中に思わず落涙してしまったことを明かした。伊藤は「どんなお話が繰り広げられていくのか、ご自身の目で確かめていただけると嬉しいです」とコメントしている。

作品情報

劇場版 BEM 〜BECOME HUMAN〜

劇場版 BEM 〜BECOME HUMAN〜 Check-in0

壮麗と退廃、繁栄と貧窮が運河を隔てて共存する都市「リブラシティ」。若き⼥性刑事・ソニアは、街で頻発する不可思議な事件を追う中で、“ベム・ベラ・ベロ”と呼ばれる 3 ⼈と出会う。醜い姿に変⾝する彼...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。