スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 寿司が相撲をとる「どすこいすしずもう」21年4月にアニメ化 大島美幸、津田健次郎ら出演

ニュース 2020年8月7日(金)17:00

寿司が相撲をとる「どすこいすしずもう」21年4月にアニメ化 大島美幸、津田健次郎ら出演

オープニング&エンディング曲は「ケロポンズ」

オープニング&エンディング曲は「ケロポンズ」

(C)アンマサコ・講談社/どすこいすしずもう製作委員会

イメージを拡大

アンマサコ氏の絵本「どすこいすしずもう」が、2021年4月にフル3DCGアニメ化されることが決定した。キャストにはお笑いトリオ「森三中」の大島美幸、声優の津田健次郎、濱健人ら多彩な顔ぶれが結集し、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「STAND BY ME ドラえもん」で知られる白組がアニメーション制作を担当する。

2018年に発行された「どすこいすしずもう」は、「もしも、お寿司が相撲をとったら?」という発想から生まれ、個性的な“すし力士”たちが持ち前のネタを生かして多彩な技をくりだす姿を描く。お茶解説者を演じる大島は「色々な種類のおすし達が登場しますので、すし力士を是非応援して下さい!」と呼びかけ、なすび親方役の津田は「シュールな面白さや可愛らしさ、伝統的な“おすし”や“すもう”の良さなどもあり、なかなか楽しめる作品になるのではないでしょうか!」と見どころを語っている。

(C)アンマサコ・講談社/どすこいすしずもう製作委員会

イメージを拡大

さらに、たけのこ親方役を務める濱は「すしがすもうをどのようにやるのか皆さん疑問を抱えていると思うのですが、その疑問を抱えたまま一旦、第1話を見て下さい。『なるほどな!』ってなると思います」とアピール。ガリ呼出役を務める沢城千春は「各々のキャラクター力士の必殺技がとても魅力的なので、ぜひそこに注目して楽しんでください!」と言い、わさび行司役の佐々健太は「展開が個性的で面白いアニメだなと思っています!」と自信をのぞかせている。

スタッフは助川勇太が監督、白組がアニメーション制作を務め、すしネタの“ぷりぷりな質感”をフル3DCGの映像で表現する。またオープニングおよびエンディング曲は、ミュージックビデオが再生回数7500万回を超える楽曲「エビカニクス」でおなじみのユニット「ケロポンズ」が担当。原作者・アンマサコ氏は「制作に携わってくださった皆様へ心より感謝申し上げます! ありがとうございました!」とコメントを寄せている。

「どすこいすしずもう」は、tvk(テレビ神奈川)ほかで21年4月から放送。YouTubeのオフィシャルチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCdfXACHBNiuVR8f4PRwDrEA/)でオープニング映像が公開されている。

フォトギャラリー

  • オープニング&エンディング曲は「ケロポンズ」

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。