スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 即興芝居が満載 本広克行監督「ビューティフルドリーマー」冒頭映像お披露目

ニュース 2020年11月5日(木)20:30

即興芝居が満載 本広克行監督「ビューティフルドリーマー」冒頭映像お披露目

11月6日から公開

11月6日から公開

(C)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会

イメージを拡大

映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1弾作品として製作された「ビューティフルドリーマー」の冒頭映像が披露された。

「監督絶対主義」で映画を製作する「Cinema Lab」には、本広監督、押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が参加。本作では、押井監督の「夢みる人」を原案に、美術大学の映画研究会の面々が、「撮ろうとすると必ず何か恐ろしいことが起こる」といういわくつきの台本の映画化に挑むさまを描く。

セリフの半分以上は俳優たちの即興芝居、「エチュード=アドリブ」で構成されており、本広監督は「映画研究会のメンバーと斎藤工の即興芝居は特に見ものです。冒頭からこんなに本編映像解禁したのは、僕自身初めてです。是非劇場に行く前にご覧ください!」と期待をあおる。

主演を務めた小川紗良は、自身が映画サークルに所属していたときに、冒頭の登場人物たちと同じ経験をしたことを明かし、「ひとつひとつ確かめながら映写機に触れる緊張感や、スイッチを入れた途端に聴こえるカタカタという音の高揚感など、全てが追体験のようによみがえりました。そんな冒頭シーンから、私たちの即興芝居で作り上げています。どこまでが芝居でどこからが素なのか、絶妙に混ざり合った私たちの掛け合いが楽しめると思います」と話している。

「ビューティフルドリーマー」は、11月6日からテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国で順次公開。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。