スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 罵倒から始まるラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」4月放送決定 主役に小坂井祐莉絵&豊永利行

ニュース 2020年12月4日(金)21:00

罵倒から始まるラブコメディ「恋と呼ぶには気持ち悪い」4月放送決定 主役に小坂井祐莉絵&豊永利行

(C)もぐす・一迅社/恋きも製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「恋と呼ぶには気持ち悪い」の放送開始時期が2021年4月に決定した。TOKYO MX、北海道文化放送、宮崎放送、BSフジほかで放送されるほか、Amazon Prime Videoでの独占先行配信も行われる。また、小坂井祐莉絵、豊永利行らメインキャストやプロモーションビデオも公開されている。

同作は、もずく氏が一迅社のWebマンガ誌「comic POOL」で連載中のラブコメディ漫画のアニメ化。あわや大事故になるところを、女子高生の有馬一花に助けられたイケメンサラリーマンの天草亮が、彼女に「気持ち悪い」と罵倒されたことで恋に落ちてしまい、一方的に強引なアプローチを重ねていく姿をコミカルに描く。

主人公の一花役を小坂井、亮役を豊永が担当。亮の妹で一花の友人である天草理緒を長谷川玲奈、一花のことが気になるクラスメイトの多丸快を榎木淳弥、亮の同僚で隠れアニメオタクの松島有枝を花澤香菜、亮の友人でフリーカメラマンの益田を木村良平が演じる。

主演を務める小坂井は「一花を演じるにあたり『飾らずに素で可愛らしい女の子』を意識しました。一見わかりやすい性格にみえる一花ですが、実際に演じてみると難しく悩むことばかり。そんなときは実際に一花と同じ行動をしてみました。電話をつないでセリフを言ったり、お好み焼きを作って食べながらセリフを言ったり(笑)自分の中に『すっ』と収まった時はとてもうれしかったです。そんな私の『一花』がみなさんにも伝われば幸いです」とキャラクター造形の舞台裏を明かす。

一方の豊永は「才色兼備、故に人に対しての共感をあまり行わない。亮さんはそんな人物からスタートするのかなと思っています。一花さんに『気持ち悪い』と言われたことで、人に嫌われる、嫌がられることを知った時に『生きている』感じがしたのかな、とも感じており、かつ思ったことをキチンと伝えることができる人に好意を抱いたのかなーと……」と自身の役どころを分析している。

PVは一花と亮の運命的な出会いを描いた内容で、一花の罵倒が亮の新たな扉を開いてしまう、物語の発端となるシーンも収録されている。

21年2月14日には、東京・アニメイト渋谷で小坂井と長谷川によるバレンタインチョコレートのお渡し会が開催。抽選応募には、3月25日発売予定の原作単行本第8巻(990円、税込み)の全額内金予約が必要となる。

作品情報

恋と呼ぶには気持ち悪い

恋と呼ぶには気持ち悪い Check-in35

ある雨の日、駅で見知らぬ女子高生に助けられたサラリーマンの天草亮は、その女子高生が妹の親友・有馬一花だと知る。女癖の悪い亮は一花に対し、お礼にとキスやデートを提案するが、「気持ち悪い」と一蹴され...

2021春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。