スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「ワンダーウーマン 1984」吹き替え版声優発表 花澤香菜&堀内賢雄が参戦

ニュース 2020年12月12日(土)22:00

「ワンダーウーマン 1984」吹き替え版声優発表 花澤香菜&堀内賢雄が参戦

豪華声優陣!

豪華声優陣!

(C)2020Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C)DC Comics

イメージを拡大

大ヒットDC映画「ワンダーウーマン」の続編「ワンダーウーマン 1984」の日本語吹き替え版声優が明らかになった。すでに発表済みのワンダーウーマン/ダイアナ(ガル・ギャドット)役の甲斐田裕子、スティーブ(クリス・パイン)役の小野大輔に加え、花澤香菜、堀内賢雄が新たに参加する。

「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃などで知られる花澤はワンダーウーマンの幼少期、「機動戦士ガンダム ZZ」のマシュマー・セロなどで知られる堀内は、地球を崩壊へと導く禁断の力を手に入れた謎のヴィラン、マックス(ペドロ・パスカル)を担当する。

「ワンダーウーマン1984」は12月18日から全国公開。吹き替え版声優陣のコメントは以下の通り。

■花澤香菜(ワンダーウーマン幼少期役)

高い身体能力を持ちながら、心はまだ幼いダイアナ(ワンダーウーマン)がいじらしくて、より彼女のことが好きになりました。冒頭からアクション満載で、特にダイアナ達の華麗でダイナミックな乗馬アクションが好きです。

■堀内賢雄(マックス役)

様々な能力や美貌を持ちながら、それを凌駕する心の清らかさ。まさにワンダーウーマンの強さだと思います。見どころは満載ですが、ワンダーウーマンとマックスのぶつかり合いは鳥肌ものの演技です。

■甲斐田裕子(ワンダーウーマン/ダイアナ役)

一歩間違えれば、誰もがマックスになりうる。その心の弱さが一番の怖さだと思います。どの時代でも人々の苦しみや悲しみは変わらないのですが、一人一人が強い心を持つことで変えていける。今、世界中の人に見て欲しい映画です。

■小野大輔(スティーブ役)

ワンダーウーマンの肉体的な強さは言うまでもありませんが、純粋な精神こそが彼女の本当の強さだと思います。まっすぐで純粋で、だからこそ迷いも生じれば、折れることもある。でも決して諦める事はない。見ているといつもポジティブな気持ちになれる存在です。

映画のことなら映画.com

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。