スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 大正時代のドラマを描く「大正処女御伽話」21年秋TVアニメ化決定

ニュース 2020年12月21日(月)21:00

大正時代のドラマを描く「大正処女御伽話」21年秋TVアニメ化決定

(C)桐丘さな/集英社・大正オトメ御伽話製作委員会

イメージを拡大

大正時代を舞台に描く、桐丘さな氏による恋愛漫画「大正処女御伽話(タイシャウ ヲトメ おとぎばなし)」が、2021年秋にテレビアニメ化されることが決定した。メインキャストやスタッフが発表され、アニメキービジュアルも公開となった。

「ジャンプSQ.」(集英社刊)で2015~17年に連載された原作は、「次に来るマンガ大賞2017」第7位、「アニメ化してほしい漫画ランキング2018」第5位などを受賞した人気作。時は大正、事故で世のすべてに嫌気がさした厭世家(ペシミスト)とになってしまった19歳の青年・志磨珠彦(しまたまひこ)と、彼を世話するために父親が買ってきた15歳の嫁・立花夕月(たちばなゆづき)の日々の暮らしと人間ドラマをノスタルジックに描く。完結後は18年から今年5月にかけて、続編「昭和オトメ御伽話」が「少年ジャンプ+」で連載された。

愛情以外は不自由なく育てられたが、事故で母と右手の自由を失った主人公の珠彦役を小林裕介、天真爛漫な性格のヒロイン・夕月役を会沢紗弥が務める。

スタッフは「カミワザ・ワンダ」を手がけた顔ぶれが再集結。監督には同作で助監督を務めた羽鳥潤を迎え、脚本を福田裕子、キャラクターデザインを渡辺まゆみが担当する。アニメーション制作は「カミワザ・ワンダ」に制作協力としてクレジットされ、「八男って、それはないでしょう!」などでも知られるSynergySPが行う。

アニメキービジュアルには、大正3年(1914年)に開業した東京駅を思わせる洋風建築を背景に、珠彦と夕月が連れ立って歩く姿が大正ロマンあふれる筆致で描かれている。

アニメ化決定を受け、原作者の桐丘さな氏は「1921年から始まる物語『大正処女御伽話』がちょうど100年後の2021年にアニメ化となりました! これもみなさまのお陰です(本当に本当にありがとうございます!!)! アニメでしゃべったり歌ったりとカラフルに動くユヅたちを観て、漫画とはまた違う新たな魅力が見つかるといいなと思ってます。お楽しみに!」と喜びを語った。

作品情報

大正オトメ御伽話

大正オトメ御伽話 33

時は大正――。金持ちの家に生まれ、何不自由なく育ってきた志磨珠彦は、大事故に遭い、右手の自由と父の期待、そして母を失う。養生という名目で田舎に厄介払いされ、いつしか世の中すべてを嫌う厭世家(ペシ...

2021秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。